小学生の「おべんきょう」をフォローできるママになるぞ…

いなか街にすむ働くママが、ゆるくできる学習補助を試行錯誤で頑張るブログです。学研、進研ゼミ、本屋さんで購入した問題集、インターネットからダウンロードできる問題など、いろいろ試しながら試行錯誤しています。

進研ゼミの夏の実力しんだんテスト国語 2年生(チャレンジ2年生)

やっと夏の実力しんだんテストに手を付けることができました!何とか8月31日までに間に合いそうです。

夏休みの宿題の残りに追われて先延ばしにしていましたが、漢字ノートを使い切る宿題も終わったので目処が立ちました。

f:id:yutan1ban:20190823094955j:plain

「夏の実力しんだんテスト」を期限内に提出すると、「きみ専用の個別復習ドリル」が届きます。とはいえ、この個別復習ドリルは毎回ショボいので期待してはいけません。

しかしながら、今回の「夏の実力しんだんテスト」の特典として、期限内提出で「光る消しゴム」がもらえるとのこと。これは何としてでも期限内に提出したくなりますよね。

 

ということで、国語から取り組むことにしました。

これからご紹介する国語の問題は、すべてを20分でやるように設定されていますが、問題量は多めなように思います。

 

それではまずは1ページ目です。設問1の書き順が間違ってますね。

でも、赤ペン先生もこの実力診断テストも、間違っているのがわかっても口出しはしないように見守ってます。

もちろん、回答が返ってきたら、その回答を見ながら間違った漢字は何度か書かせて復習しますけどね。

今回の実力診断テストは、国語全体をとおしてこの「教」の書き順以外に間違っているっぽいところはありませんでした。とはいえ、2年生だと100点以外の点数だと、全国の順位としてはすごく悪くなってしまいます( ノД`)シクシク…

f:id:yutan1ban:20190823102616j:plain

 

読み取り問題は2ありました。物語と説明文です。

息子は物語の読み取りが苦手なので、どうなんだろう・・・と見守っていましたが、決して簡単ではなさそうな問題もスラスラと解いていました。そのたびに「すごーーーーっ!!なんでわかるのぉ?」と大げさに褒めてあげると、とてもうれしそうにニコニコしていました。

f:id:yutan1ban:20190823102623j:plain

f:id:yutan1ban:20190823102621j:plain

 

そして最後は応用問題?のような問題で、絵を見て答える問題でした。応用問題のような扱いではありましたが、こちらは難なくスムーズに進みました。

f:id:yutan1ban:20190823102619j:plain

 

というわけで、今日、帰宅したら算数の問題をやってみてもらおうと思っています。

 

ちなみに、実力しんだんテストはWEBで提出できるので、切手も必要なくすぐにでも提出できるので便利です。

赤ペン先生を送るのには切手が必要で、毎回切手を買うのが手間だな。。。と不満に思っています。あと80円ほどチャレンジの受講料アップでよいので、無料の返信封筒をつけてくれたらよいのにな・・・・。

 

初めての読書感想文 完成しました!!

数日前から書き始めました読書感想文が完成しました。

あと1日かかる予定でしたが、段落的にちょうどよかったので、はっぱをかけて一気に終わらせてもらいました。ほんとによく頑張ったと思います。

f:id:yutan1ban:20190822152117j:plain

 

「もぐらはすごい」を読んでの読書感想文ですが、息子の読書感想文の構成は以下のような感じです。

  1.  導入
  2.  一番すごいと思ったこと
  3.  次にすごいと思ったこと
  4.  モグラについてわかったこと、感じたこと
  5.  まとめ

読書感想文の書き始める前から書き終わるまで、ずっとそ付きっ切りで側にいてわかったこと・・・それは、小学2年生が読書感想文を書くのは無理だということでした。

 

そう感じたのはきっと私だけではないと思います。文章を書くのが特別好きな子や得意な子は違うのかもしれませんが、おそらく、一般的な子には難しいように感じます。

 

この本を読んでどうだった?と聞いたところで、「面白かった」というような答えしかおそらく返ってきませんので、本を読んだ感想を文章にするのはかなり困難かと思われます。

 

そこで、読書感想文を書くために、まずは子どもの気持ちを親がいかに引き出してやるかがカギになってきます。そこには親の誘導的な要素も多少入ってしまうし、引き出した子どもの感想をどういう順番で構成していくかも親のさじ加減一つで決まってしまいます。私はこの親の匙加減的なところにすごくジレンマを感じてしまいました。

読書感想文を書くために、モグラを自分に置き換えて、もし自分だったらどうするかを考えさせてみたり、モグラのすごさを人間に換算するとどうなるかを一緒に考えたり、モグラについて本の中には書いていないことを調べてみたりと、色々な方向から攻めてみました。

今回選んだ本が「もぐらはすごい」で本当に良かったと思います。物語だったらもっと苦労したように思います。

 

進研ゼミ小学講座 チャレンジ2年生9月号の中身紹介

進研ゼミ小学講座 チャレンジ2年生9月号が届いていました。

今月は中身が少ない・・・。付録がない月はなんだかさみしいです。

 

さて、チャレンジ2年生9月号に入っていた中身はこちら~!

f:id:yutan1ban:20190822100349j:plain

  • チャレンジ2年生9月号
  • はてなはっけんブック
  • チャレンジ2年生 えいご
  • 実力アップドリル2年生9月号
  • 九九・えい語DVD
  • へんしんえんぴつ
  • 保護者通信

以上7点です。紹介制度などのチラシは抜いてます。

 

まぁ、いつも通りの内容なのですが、よーく見ると、「へんしんえんぴつ」という付録が付いていました。

頑張って使ているうちに普通の鉛筆が赤鉛筆に変身する鉛筆だそうです。

f:id:yutan1ban:20190822113132j:plain

f:id:yutan1ban:20190822113259j:plain

両方から削る赤青鉛筆の鉛筆&赤鉛筆バージョンのようです。

 

我が家ではあまり活用していませんが進研ゼミにはちょいちょい英語教材が付いています。車の中でDVDを流していると、息子はDVDに合わせて英語の発音をまねしていたりします。

f:id:yutan1ban:20190822114243j:plain

全開の英語教材は、「自分の好きなことや食べ物を英語で言えるようになろう」というテーマだったので、尋ねると「サッカー」や「ピーチ」などと答えてくれました。

 

9月号のはてなはっけんブックは「空の大へんしん」特集で、雲の変化、空の色などについて書かれています。そのほかにも、ちょっと面白そうな工作実験などもありました。

f:id:yutan1ban:20190822115717j:plain

また、保護者通信は「めんどくさーい」「あとで!」を解消!大作戦 と表紙に書かれていますが、2学期に入っての夏休み癖でダラダラ過ごしてしまうことへの対策についての特集でした。まださらっとしか見ていませんので、じっくり読んで、役に立ちそうな記事があればアップしたいと思います。

 

個人的に、チャレンジ9月号の目玉企画は、こちらの「努力賞ポイント2倍」企画だと思います。

f:id:yutan1ban:20190822120307j:plain

進研ゼミには赤ペン先生を提出すると努力賞ポイントがもらえ、努力賞ポイントを集めると、色々な景品と交換できるシステムがあります。

普段は1回の提出で8ポイントがゲットできるのですが、な、なんと9月号の赤ペン先生の提出で16ポイントももらえるようになているんです!!もらえる商品はそこそこショボいとはいえ、これはうれしいです。

 

9月号の教材の付録で、この「九九・漢字バトルマシーン」が来ると思っていました。

が、私の勘違いでこちらは10月号についてくる付録でした。私の勝手な勘違いとは言え、ちょっとガッカリ・・・。でも、その分、来月号が楽しみです。

f:id:yutan1ban:20190822121231j:plain

 

2年生の2学期になると、いよいよ掛け算九九が始まりますよね。息子は九九にかなり興味を持っていましてすでに「いんいちがいち~」などと言ってます。

進研ゼミでも九九がスタートするとのことで、今後の九九の予定のチラシが入っていました。

f:id:yutan1ban:20190822121843j:plain

このチラシによると、9がつはまだまだ九九のさわりだけで、本格スタートは10月になるようです。

 

薄こより進研ゼミ チャレンジ2年生が届くのが楽しみな母なのでした。

初めての読書感想文(3日目)「もぐらはすごい」のあらすじ紹介

先日から書き始めた読書感想文ですが、今朝になって続きを書きました。

本当は昨晩のうちにやらせたかったのですが、私のテニスについてきてしまったので、時間が無くなってしまいました。

今回、初めての読書感想文ということもあり、読書感想文作成は付きっ切りで朝作業となりますので、「時間がない時に勘弁してよ~」と心の中で思いつつ、一緒に頑張りました。

f:id:yutan1ban:20190821142304j:plain
 

さてさて、今回の読書感想文は「もぐらはすごい」という絵本について書いています。 

www.yutan1ban-gakushu.work

 

1日目は「もぐらはすごい」を読んで色々と質問をして感想を聞き取り、メモを作って書くことをきめ、2日目はメモを元に原稿用紙に文章を書き始め、400字詰め原稿用紙半分くらいまで書きました。

そして、3日目は1日目に書いた原稿用紙の続きを書いて、ほぼ、1枚目の原稿用紙は終了です。

今回、青少年読書感想文全国コンクールの「課題図書」の中から「もぐらはすごい」を選んで読書感想文を書いています。このコンクールの感想文は800字以内となっていますので、まだやっと半分の状態ですが、息子の集中力では1日200文字分がようやっとという状態です。

 

「もぐらはすごい」のあらすじ


「もぐらはすごい」
 

著者:アヤ井アキコ
作 川田伸一郎・監修
本体価格:1,500円

 

「もぐらはすごい」はモグラの 生態を紹介した本です。もぐらの日常や生活や生涯を子どもにもわかりやすい表現で解説されています。

もぐらの特徴・・・モグラの体のつくり、食事など

もぐらの生活・・・巣の作り方、餌の食べ方、巣立ちの大変さ、外敵との遭遇

モグラの特殊な器官について

などなど、大人も知らないことがたくさん書いてあります。(っていうか、ほとんどの大人が知らないことだらけだと思われます。)

また、絵本というだけあって、絵で分かりやすく表現してありもぐらに親しみを持つことができます。

読書が苦手という子どもさんでも、とても読みやすく、読書感想文も書きやすいのではないかと思います。

巻末には、監修の動物学者 川田 伸一郎 氏のコラムが掲載されていて、モグラについてより詳しく解説されていますが、ところどころにイラストが掲載されていて、学術用語などを使わず、誰にでも読みやすい内容です。

小学生の朝ごはん 

f:id:yutan1ban:20190821095903j:plain

朝ごはんは大切だと言われていますが、毎朝どのような朝ご飯を作っていますか?

朝ごはんは、

  • 寝ている間に消費したエネルギーを補充し、体温をあげて1日の始まりのスイッチを入れる
  • 体内リズム・生活リズムを整える

という効果があるそうです。また、集中力・記憶力を高める、イライラしない、学力・体力を上げるともいわれています。

 

とはいえ、毎朝、自分・夫・子ども(長期休みだけ)のお弁当を作り、3人分の朝ごはん、子どもが出かける準備、自分が出かける準備、夫の準備の手伝い(ほとんど放置だけど)、ごみの日にはゴミをまとめて、お洗濯もして・・・家をでる2時間半前には起きていますが、朝はホントに時間がありません。

 

炭水化物、タンパク質、ビタミン・ミネラル類をバランスよく、とは言われているものの、毎朝同じメニューというわけにもいかないし、料理も得意ではないし・・・。

 

実際にはどのような朝ご飯をみんなは食べているのでしょうか。何人かの友人に聞いてみました。

  • ごはん+味噌汁+魚(納豆など)
  • パン+牛乳+何か(フルーツ・野菜・卵などを日替わり)
  • おにぎり+汁物
  • 夜ごはんの残り物のみ

だそうです。

ちなみに、ここ数日のうちの息子の朝食は

  • 今日  食パンとリュウソウジャーカレーで作ったカレーパン+トマト+梨
  • 昨日  ごはん+納豆+韓国のり+サラダ+梨
  • 月曜日 ピザ風食パン+トマト 
  • 日曜日 フレンチトースト+トマト
  • 土曜日 思い出せない・・・

夫は家では食べず、仕事に向かう車の中で食べるので、毎朝、焼いた食パンに何かを塗って袋に入れて持たせます。

私はゆっくり座って食べる時間がないので、おにぎりだったりパンだったり納豆ご飯だったりをバタバタしながら食べています。

この他、おにぎり、サンドイッチ、ピザ、クラッカーなど、子どものリクエストに合わせて、日替わりで作ってはいますが、この他にバリエーションがあるわけでもなく、他に何かない?と言われる始末です。

 

では、理想の朝ごはんはどんな朝ごはんなのでしょうか??早寝早起き朝ごはん協議会のHPによると、

和食であれば、

ごはん+2品(汁・納豆・焼き魚・ヨーグルト・おひたし など)

洋食であれば、

パン+2品(目玉焼き・サラダ・ハムorウインナー・牛乳・フルーツ など)

 

主食+2品ならなんだかできそうな気がしませんか?っていうか、我が家の朝食はほぼOKじゃないですか!

 

クックパットなどで見ると、こんなの無理だよ・・・と思うような素敵な朝食メニューがたくさん出ていて自己嫌悪気味になったりしてしまいましたが、ちょっと安心しました。

早寝早起き朝ごはん全国協議会のホームページには、レシピ本がダウンロードできるなど、参考となる情報が色々と掲載されていました。幼稚園の頃や小学校に入ってからも「早寝早起き朝ごはん協議会」の冊子を持ち帰っていたような気がします。

www.hayanehayaoki.jp

 

コメントいただけたらブログ読者にならせていただきますので、温かいコメントをいただけたら嬉しいです。どうぞよろしお願いします。

夏休みの宿題 ラストスパートです(読書感想文・自由研究など)

来週の今日は2学期の始業式です。始業式から給食ありでフルで授業があります。最近の小学生は大変ですよね。

 

「もぐらはすごい」の読書感想文

さてさて、夏休みもラストスパートとなりました。

昨日書いた読書感想文も原稿用紙半分くらい書きましたが、子どもの感性は大人と全く違うので、一緒にやっていて面白いです。 

www.yutan1ban-gakushu.work

読書感想文を書くにあたり、読んだ感想をまず自分の中で整理してもらうために色々と質問をしてメモを取っています。

この「もぐらはすごい」はモグラのすごいところが色々と紹介されている絵本なのですが、「この本の中で、すごかったところはどこだと思った?」と尋ねると、「えー、そこ??」と思うような答えが次々と返ってきます。良い感想文を書かせたくてついつい自分が思うように誘導しようとしてしまいそうになりますが、そこはぐっと我慢してます。

とりあえず書く内容(構成)は決まっているので、あとは原稿用紙に文章にするだけですが1日4分の1づつくらいの進み具合で、今日も合わせてあと3日で完成予定です。

f:id:yutan1ban:20190820131752j:plain

 

自由研究の図鑑

自由研究の「化石図鑑」はすでに完成済みなので、後は始業式の日に忘れずに持っていくだけです。

f:id:yutan1ban:20190820132630j:plain

どの様にして綴じるかが最後の課題だったのですが、結局、パンチで穴をあけてリングで綴じました。職場にある大きなパンチを使って穴をあけて持ち帰り、あけた穴を丈夫にするために、綴じ穴補修シールを裏表両面に貼り付けてからリングをつけています。

今年はイオンの画用紙を購入したのですが、弱くて紙質もイマイチでしたので、これから作られる方は気を付けてくださいね。

まぁ、とりあえず自由研究が無事に形になって一安心です。

 

漢字ノートの宿題

1学期に使っていた漢字ノートを使い切るという夏休みの宿題ですが、とてもとても使い切るには間に合わないとはいえ、それなりに頑張ってます。

f:id:yutan1ban:20190820134434j:plain

とりあえず、1年生で習った漢字と2年生1学期に習った漢字を5回づつすべて書くつもりのようです。1学期の後半で習った漢字の一部と2年生1学期に習った漢字はすべて終わり、残るは1年生の漢字の残り56文字です。

算数のノートの方も地味にやっているので、この調子であと1週間頑張ってもらいたいと思います。

 

夏休みってホントにあっという間です。学童用のお弁当作りからもあと少しで解放されます。頑張った自分を褒めてあげたいと思います。

ヒョウ猫の森とフクロウの森に行ってきました

職場の人から「倉敷豆柴カフェ」に行った話を聞き、すごーーーく良かったと聞いたので、私の誕生日にかこつけて息子と2人で行ってきました。

・・・と言いたいところですが、息子のリクエストで「KURASHIIヒョウ猫の森」へ行くことになりました。犬より猫派の息子です。

owls-cats-forest.com

 

夫に1~2時間後にお迎えを頼んで、倉敷の美観地区入り口で降ろしてもらい、いざ「KURASHIKIヒョウ猫の森」へ。美観地区には何度も足を運んでいますが、数年ぶりの美観地区なので、スマホGoogleマップを頼りに向かいました。ヒョウ猫の森と豆柴カフェは同じところにあると思っていたのですが、到着したところは「豆柴カフェ」でした(;^_^A

豆柴カフェ・フクロウの森・ハリネズミの森は同じ建物内にありますが、ヒョウ猫の森だけは別の建物にありました。

先にヒョウ猫の森へ行きたかったのですが、息子は我慢しきれずとりあえず「フクロウの森」へ入ることにしました。

 

倉敷フクロウの森

フクロウの森は思っていたよりずいぶん狭く、入場した第一印象は「あれ?」って感じです。

店員さんにフクロウの触り方や店内での説明を受けて、早速、フクロウさんをなでなで・・・したとたん、「きゃ~~~~かわいい!ふわふわすぎ~~~」とテンションMAXになりました。

フクロウの森、ヤバいです。こうしてブログに書いているだけで、また行きたくなってしまいました。

店内には15羽ほどのフクロウがいて、そのうち触っていいのは10羽くらいだったと思います。

フクロウはほんとにふわっふわで軽く撫でただけでは体にたどり着けないんです。ふわふわプードルが水に濡れたらすごく小さくなるのと同じで(それ以上?)、フクロウはほとんどが羽&羽毛だと思われます。

f:id:yutan1ban:20190819132425j:plain

 

皮の手袋をして腕に乗せてもらうこともできますよ。息子はこのメンフクロウが一番のお気に入りでした。

ちなみに私は、この写真のメンフクロウの後ろに写っているミミズクを腕に乗せてもらいました。フワフワだけあって、見た目よりすごく軽いです。

f:id:yutan1ban:20190819132419j:plain

一方通行の狭い店内を何周もぐるぐると回って、フクロウの森を満喫しましたよ。

 

KURASHIIヒョウ猫の森

フクロウの森の後は、数軒向こうにある「KURASHIIヒョウ猫の森」へ行きました。

こちらはワンドリンク付きで椅子に座ってゆっくりとすることができます。(ドリンクは自販機で提供されます)

が、猫は猫だけに、ほとんどの子が寝ていたり、子どもの手の届かない高いところにいたりなので、思うように猫ちゃんたちと遊ぶことはできませんでした。

f:id:yutan1ban:20190819134938j:plain

それでも、うちの息子を含め子どもたちは猫じゃらしを片手に、猫に遊んでもらおうと必死で猫に手をのばしていました。

その中に一人、やんちゃそうな男の子が猫に噛まれたと言って、歯型の付いたてを見せてくれまして、その子はちょっと自慢げにしていました。(笑)

その後、うちの子も「猫パンチされた!!」とすごくうれしそうにしていたので、子どもって面白いですね。

f:id:yutan1ban:20190819134936j:plain

 

ヒョウ猫の森の後、もう一度「フクロウの森」や「豆柴カフェ」のあった建物にもどり、フクロウのぬいぐるみを買って帰りました。

f:id:yutan1ban:20190819143006j:plain

 

次に行った時には、「豆柴カフェ」と「ハリネズミの森」へ行くのを楽しみに美観地区を後にし、ちょうどテニス用のスパッツとショートパンツが欲しかったのでアウトレットでお買い物をして帰りました。