小学生の「おべんきょう」をフォローできるママになるぞ…

いなか街にすむ働くママが、ゆるくできる学習補助を試行錯誤で頑張るブログです。学研、進研ゼミ、本屋さんで購入した問題集、インターネットからダウンロードできる問題など、いろいろ試しながら試行錯誤しています。

進研ゼミ チャレンジ10月号11日目12日目

 

 髪を切ってイートインで宿題

週末に久しぶりに髪を切りました。

小学2年生にして、たまに女の子?男の子?と思われることもある息子が、より女の子っぽくなっていて少し長めの髪も好きだったのですが、鬱陶しそうにしていたこともあり、ばっさり。

さいころは、横の髪を編み込みしたり結んだりさせてくれていたのですが、今ではもうさせてくれなくなってさみしい限りです。

f:id:yutan1ban:20191017100747j:plain

アシンメトリーな感じのヘアスタイルをお願いしましたが、いまいち理想の髪型にはなりませんでした。

 

ヘアカットが朝8時半からで9時半には終了、買いたいものもあったのでそのままイオンへ行きました。

前日、宿題をできなかったこともあり、まずはイートインでパンを食べながら宿題を片付けます。以前にもやったことはありますが、外出先でのお勉強は気分が変わって楽しそうです。

f:id:yutan1ban:20191017102001j:plain

 

 

進研ゼミ チャレンジ10月号 国語

さて、ここからが本題のチャレンジ10月号についてです。

【チャレンジ10月号 国語10日目 どんな場面か想像して書こう!】

国語の10日目は、「どんな場面か想像して書こう!」という内容でした。

イラストに合わせてセリフを書き込みます。答えがあってないような問題です。

f:id:yutan1ban:20191017135929j:plain

息子が書いたのがこちらです。

2コマ目でウサギさんが葉っぱを指さしているので、

「あ、あそこに大きな葉っぱがあるよ」

「あれを傘にしよう!!」

のような会話がいいのかもしれませんが、想像は十人十色なのでこういう問題で直されるとどうなのかな…と思い、息子の回答を褒め称えたうえで、ママならこう書くかなぁ・・・程度に解答を伝えました。

そもそも、国語自体が答えが合ってないようなものだと思っているので、いかに出題者が喜びそうな答えを書くかによって成績が決まると考えています。

主人公はその時どう思っていたでしょう?という問題も、本文中に明記していない限り本当に主人公がどう思っていたかは出題者の想像でしかないのですから。

国語は大の得意で成績はいつもA判定で国文学部で言語文化を専攻していた私は、いつも出題者はこう考えていただろう答案をして学生時代に良い点をもらっていました。

 

【チャレンジ10月号 国語11日目 きみが考えてお話を作ろう】

今度は絵を見てお話を作る問題です。まずは最初の場面からお話を作ります。

登場人物(キツネとタヌキ)の名前を考えるところからなのですが・・・・、

f:id:yutan1ban:20191017153123j:plain

タヌキ→「かみがた もこ」

キツネ→「野原 こんきち」

と息子は名付けています。キツネの野原こんきちは、教科書に出てきた「名前を見てごらん」に登場するキツネの名前です。タヌキの名前は適当につけたと言っていましたが、可愛い名前ですね。

この続きのページは今日の帰宅後にする予定なのですが、どんなお話になるのか楽しみです。

 

【チャレンジ10月号 算数11日目 かけ算の式について考えよう!】

学校でのかけ算は、2の段、3の段、5の段を習ったそうです。1の段から順番にではなく、バラバラに習っていることに驚いています。

さてさて、チャレンジでもかけ算の問題です。

最初の問題は、式とイラストを線でつなぐ問題でした。おもしろい問題です。

かけ算と足し算の違いが良くわかってとても良いと思います。

f:id:yutan1ban:20191017154707j:plain

 

次の問題も、たし算と掛け算の違いを理解させるにはとても良い問題だと思いました。

この辺の違いが理解できれば、掛け算が良くわかるのではないでしょうか。

f:id:yutan1ban:20191017155046j:plain

 

そして、ちょっと疑問に思ったのがこちらの問題の(2)です。

右側の男の子(キッズという名前の男の子)が吹き出しの中で、「答えはたし算で求めるよ」と言っていますが、掛け算の間違いでは?と思ってしまいまいました。これについては、進研ゼミに確認していようかと考えています。

f:id:yutan1ban:20191017155049j:plain

まだまだこのあたりだと、息子は「簡単!簡単!」とすっかり調子に乗っている状態です。油断しすぎなきゃいいけど。。。。と逆に心配をしています。

参観日の人権学習「森のどうぶつ」について

先週の金曜日に参観日がありました。今回は人権学習の参観でした。

人権参観日・・・同和教育かな?などと勝手に予想していましたが、予想に反して、「森のともだち」というお話を題材に、友達との関わりを考えるという内容でした。

「森のともだち」

ある森に、色々な動物たちがなかよく暮らしていました。そこへキツネのコン吉が引っ越してきました。

コン吉はわがままで乱暴者だったので、森の動物たちはコン吉の姿を見ると逃げ出してしまうようになりました。

ある日、森にオオカミがやってきました。森の動物たちはオオカミの姿を見ると、見つからないように逃げだしました。それを見たコン吉は、いつものように自分の姿を見て逃げ出してしまったと思い、森のみんなの後をつけていこうと思いました。

そんなコン吉にオオカミが襲い掛かり押さえつけてしまいます。コン吉は夢中で「たすけてくれー」と叫びました。

森の動物たちはみんなで相談をして、オオカミとコン吉の周りをぐるぐると回り始めました。驚いたオオカミがコン吉を押さえつける手を緩めた瞬間、コン吉はオオカミから逃れ、そのまま森の奥へと逃げ出します。

怒ったオオカミは一番近くにいたウサギのピョンコに飛び掛かりました。森の動物たちはピョンコを助けようとオオカミに体当たりをしました。オオカミは森の動物たちの勢いに押され逃げ出します。

オオカミが逃げたあと、怪我をしたピョンコをみんなで手当てしてあげました。

その頃、コン吉は森のはずれまで逃げていました。ふと、森のみんなのことを思い出します。そして、コン吉は森の動物たちのいる場所へ戻り、「ごめんよ、ごめんよ」と言いながら大きな声で泣きました。

 ※おそらくこんな感じのお話です。授業参観を見ていた記憶なので、多少違うところもあるかもしれません。

 

このお話を読んで、

  • どうしてコン吉の姿を見るとみんなは逃げるようになったのか。
  • 仲良くなかったのに、どうして森の動物たちはオオカミからコン吉を助けたのか。
  • 逃げた後、どうしてコン吉はみんなのところに戻って、「ごめんよ、ごめんよ」と泣いたのはどういう気持ちだったのか。

と質問がされ、最後に「良い友達とはどんな友達でしょう?」との質問で締めくくられました。

 

それぞれの質問に対する意見として、

どうしてコン吉の姿を見るとみんなは逃げるようになったのか

  • 嫌な気持ちになった
  • 怖い
  • 一緒に遊びたくない

仲良くなかったのに、どうして森の動物たちはオオカミからコン吉を助けたのか。

  • 友だちだから、仲間だから
  • 困った人は助けたい
  • 助けたら仲良くなれるかもしれない

逃げた後、どうしてコン吉はみんなのところに戻って、「ごめんよ、ごめんよ」と泣いたのはどういう気持ちだったのか。

  • 助けてもらったのに、自分だけ逃げたから
  • みんながやさしくしてくれた
  • 自分が意地悪してたことに気が付いた
  • ピョンコが怪我をしていた

良い友達とはどんな友達でしょう?

  • 優しくしてくれるともだち
  • 自分のことをわかってくれるともだち
  • 忘れ物を貸してくれるともだち
  • 一緒に遊んでいて楽しい
  • 気が合う
  • 困った時に助けてくれる

などなどの意見を、みんなが積極的に手を挙げて発表していました。

 

授業終了のチャイムが鳴り、まとめの言葉などもないまま、ここで授業が終わってしまいました。「え、これで終わり?結局、何が言いたかったの??」という印象の授業でした。

授業風景は楽しそうで和気あいあいとして雰囲気は良かったのですが・・・・。

 

個人的には、道徳の特別な授業ではなく、日常的な国語や算数の授業風景を参観したいです。

 

9月号の赤ペン先生が返却されました

3か月ごとの歯医者さんの定期検診に行きました。前回の健診から歯が2本抜けましたが、どれも良好とのことで安心しました。

永久歯の前歯がスキッ歯になっていたのですが、周りも永久歯に生え変わり、隙間が埋まっていい感じになってきています。この調子なら矯正しなくて済みそうです。

 

写真はフッ素を塗ってもらって、息子の手に持っているタイマーで時間を測っているところです。

f:id:yutan1ban:20191009104512j:plain

息子が小さいころから通っているこの歯医者さんは、みなさん子どもを扱うのがとても上手で、いつもゲラゲラ笑わせてくれます。歯医者さん嫌いにならなくて良かったです。

 

さてさて、本題の赤ペン先生の話題に移ります。

今回の赤ペン先生は、なんとまたまたのダブル100点でした!!とはいえ、国語は大サービス的な100点でした。私が赤ペン先生なら、絶対に減点しちゃうんだけどな・・・。

f:id:yutan1ban:20191009112649j:plain

 

赤ペン先生9月号算数の答案

今回の赤ペン先生は、ひっ算の問題でした。 

f:id:yutan1ban:20191010095611j:plain

 繰り下がりが2回ある計算もマスター!ひっ算名人になったね。だそうです。赤ペン先生はいつもながら読みやすくきれいな字ですね。

f:id:yutan1ban:20191010095616j:plain

 続いて、提出前の答案を見て、気になっていた小さい文字の計算式には小さな花丸です。文字の大きさに合わせた花丸をつけてくれる赤ペン先生、ナイスです!

f:id:yutan1ban:20191010095613j:plain

100点の時には、毎回おまけの1問が書かれています。息子には口頭でサラッと答えてもらって終わりにしています。

赤ペン先生9月号国語の答案

国語はも100点ではありましたが、かなり緩めの100点だったと思います。

f:id:yutan1ban:20191011114131j:plain

今さら「わ」と「は」を間違えるのはかなり痛いです( ゚Д゚)

 

宝物を紹介する文章を作成する問題で、息子はイナズマイレブンの「きどう」というキャラクターのぬいぐるみを紹介しました。

「きどう」と苗字しか書かなかったのに、赤ペン先生は「きどうゆうと」とフルネームでコメントを書いていて、同じくらいの子供がいる等でたまたま知っているのか、またはちゃんと調べてコメントをしてくれたのかは分からないけど、この細かな対応がとてもすばらしく、息子も驚いていました。

 

また、赤ペン先生とはお話しようのコーナーでは、得意なことはテニスと書いた息子のコメントに対し、「7月号でもテニスのことをかいてくれたね」とコメントをくれています。

担当しているそれぞれの子供の情報をちゃんとまとめているのだな・・・とこれまた感心しました。

f:id:yutan1ban:20191011114133j:plain

赤ペン先生、毎月ありがとうございます。この場を借りて、赤ペン先生にお礼を言いたいです。

 

ということで、今月号も息子と二人三脚で頑張ります!!

隠れ便秘について調べてみました

f:id:yutan1ban:20191008114116j:plain

 週末に体調を崩し、便秘と言われた息子。

毎日快便だったので、まさか便秘とは思っていませんでした。 

www.yutan1ban-gakushu.work

 

そこで、ウンチ事情について書いてみたいと思います。

 

息子のウンチ事情

普段から日々快便の息子。

毎日の健康状態を知るために、うんちが終わったら声をかけてどんなウンチだったのかを尋ねています。たまには実際に見ることもあるのですが、ホントにいいうんちで、お尻を拭いても全く紙につきません。

なので、今回、便秘だと言われるなんて思ってもみませんでした。

ウンチをするのはたいてい学校から帰ってからだったり、夕食の後だったり、お風呂の前だったりします。

学校では絶対にウンチをしたくないと言っています。恥ずかしいのもあるのかもしれませんが、学校のトイレは臭くて汚いからだそうです。

なので、学校でウンチがしたくなっても、ずっと我慢をしているようです。

さいころには「ウンチを我慢すると体がウンチ色になるよ」と冗談めかして言ってみたりしていましたが、我慢すると体に良くないことは何度も話しています。

それでもやはり、学校でウンチは抵抗があるようです。

 

便秘の基準

4歳以上の子供の場合、便秘と判断されるウンチの回数の目安は、週に2回以下だそうです。ウンチが出たとしても、強くいきむ、痛みを伴う、うんちが残っている感じがする、ちょっとずつポロポロと出るのもよくないとのこと。

つまり、1週間に3回以上はウンチをした方が良いそうです。

では毎日ウンチをしているのにどうして息子は便秘と診断されたのでしょうか。

原因はおそらくですがこの2つだと思います。

  • 朝ウンチをしない
  • 学校でトイレを我慢している

病院の先生の話では、朝ごはんを食べて15分ほどでトイレに行くのが自然な流れだそうです。朝ウンチをしないから学校でウンチを我慢することになり、我慢をするのでウンチをしてもまだウンチが腸にたまってしまう癖がついてしまっているようです。

 

昨日のブログにも書きましたが、今回見てもらった救急病院の先生は専門用語をやたら使う先生で、素人の私には理解することどころか聞き返すこともできなかったのですが、色々と調べた結果、簡単にまとめると以下のような状態になるようです。

ウンチがしたいけど我慢→ウンチが直腸に溜まる→直腸が伸びる→伸びたらウンチしたい感が鈍る→さらに直腸にウンチが溜まる

この直腸という器官は一度伸びると戻すのに時間がかかるようなので注意が必要です。

おそらくですが、息子は直腸が伸びている状態になっていると思われます。

 

隠れ便秘を治すためにできること

 息子の隠れ便秘を治すためにできること、それは病院の先生にも言われたとおり、朝ウンチをしてから学校へ行かせることだと思われます。

今朝は、その一助となるようにヨーグルトを食べさせました。とはいえ、手を付ける前に「トイレ行ってくる」…と言ってウンチをしてからの朝ごはんとなりました。

とりあえず、登校前に朝ウンチ作戦は成功です。

これからは意識して朝ウンチを進めていきたいと思います。

毎日快便でも便秘?

f:id:yutan1ban:20191007131248j:plain

職場でお隣の席の女性の子どもさんが体調不良となり、先週末金曜の15時ごろに保育園からのお迎え要請があり早退しました。

「週末は看病だね・・・」と言うと、「いいの、平日に仕事を休むよりは週末に病気になってくれた方が助かる!」と言って帰っていきました。

風邪っぴき?息子が久々に寝込みました。

そしてここからが我が家の話です。

金曜の夕方、息子は帰宅後なんとなーく元気がなく、軽くコンコンと咳をしています。夜中には、ケンケンとグループ症候群っぽい変な咳に変わり、咳で何度も目を覚ましてよく眠れない様子でした。

 

翌朝(土曜朝)、早々に小児科へ行き診察を受けました。

結果は風邪。胸の音はキレイだけど、喉がかなり赤いとのこと。よく処方されるムコダイントランサミンアスベリンとデカドロン(ステロイド薬)をもらい帰宅しました。

受診の際は微熱程度だったのですがその後ますます元気がなくなり、夜には高熱&嘔吐で大変つらそでした。息子は高熱になると嘔吐を繰り返す体質です。

寝る前にはには38.9度の熱があったので、デカドロン(ステロイド薬)とカロナールを飲ませると、とても良く効いたようで朝まで朝までゆっくり眠ってくれました。

救急病院で再診察

が、日曜朝から嘔吐の連続、目覚めた時には下がっていた熱も再び上がり始め、昨日から何も食べれず、飲んだ量よりたくさんの量を吐く状態だったので、日直が小児科の救急対応の病院へ行ってみることにしました。

小一時間ほど待ってやっと順番が来て診察室に呼ばれ、症状を説明後、色々なところを押さえられて「ここ痛い?」「痛くない」「ここ痛い?」「痛い」を繰り返し、診察終了です。

経験上、私の予想では、軽い脱水になってるから、点滴して様子を見ましょう的な感じだと思っていたのですが、なんと、今回は違っていました。

点滴をしてもいいけど、点滴はやめて自分で水分を経口摂取する努力をしましょう。こうなるたびに点滴を続けると、これからもこうなるたびに経口摂取を受け付けなくなるから、8歳ならまだ間に合う、自分で飲む練習をしましょう!

ということでやり方は以下のとおりだそう。

  • ペットボトルのキャップ1杯づつ、時間をおいて水分を飲ませる。
  • 飲ませるのはうどんの汁、みそ汁など。
  • 糖分は棒付きの飴、または砂糖を少し舌に乗せる。
  • 普通の食事は死ぬほどお腹が空いてから。それまでは水分補給で様子を見て、消化の良いものを軽くからはじめる。

先ほども書いたとおり、高熱が出ると嘔吐を繰り返す息子は、水分摂取もできず、毎回のように脱水を起こして点滴を受けてきました。

点滴が癖になり、病後に自分で 水分を経口摂取できなくなるなんて、これまで言われたことがなかったので驚きました。

 

浣腸!朝ウンチじゃなきゃ便秘?

f:id:yutan1ban:20191007134101j:plain

そして、続けて先生は言いました。

「おなかにかなりウンチがたまってますよ。ウンチは毎朝出ていますか?」

「出ています」

「朝ではないけど、毎日いいうんちがたくさん出ています」

「何時ごろでますか?」

「学校から帰ってすぐが多いかもしれません。学校では我慢していることが多いようです」

「便秘ですね」

「毎日出ていても?」

「なんとかんとか(専門用語)便秘です」

とにかく、専門用語を多用する先生だったので、言葉がわからず、聞き返そうにもできない状態だったので残念ですが、要するに「朝ウンチをしないと便秘」だそうです。

 

でも、金曜も体調の悪かった土曜日もウンチが出ていたので「便秘」という言葉がにわかには信じられませんでした。息子は毎日すごくいいうんちをするので、快便快腸だとばかり思いこんでいました。

 

浣腸をして出すものを出したらスッキリするかもしれないとのことで、とり急ぎ浣腸をすることになり、処置室で看護師さんにお尻を差し出し浣腸をしてもらう息子。

 

私も息子も浣腸は初めてだったので、浣腸をしたらどれくらいでウンチが出るのかを先生に尋ねたところ、便秘が軽いと「すぐ」、よほどお腹の調子が悪いと時間がかかるとの答えでした。

息子の場合は、処置室のベッドで浣腸、ベッドから降りてそのままトイレへ急行してウンチとなりました。

 

 それから5分ほどで再び診察室へ呼ばれ、さっきより息子の体の動かし方が良くなった(機敏になった)と先生がおっしゃって、でももし、このまま良くならなければ、明日、溶連菌の検査をしてもらってくださいとのことで、吐き気止めと解熱剤の頓服を処方され、診察が終了しました。

風邪の悪化だと思い救急病院に行き、まさか便秘→浣腸→診察終了となるとは思ってもみませんでした。

 

帰宅後の話

病院の先生に言われたとおりに水分を取らせようと、帰宅してからまずはぬるま湯をひと口、ところが、目を離した隙にコップのお水全部を飲み干していました。焦りましたが後の祭りです。本人にもひと口だけと言ってあったのですが、どうにも我慢ができなかったようです。

その後、うどんの汁やみそ汁をひと口づつと言われていたので、どちらがいいか息子に聞いたら、ミスターバーグのスープなら飲めそう・・・というので、玉ねぎと人参とベーコンでコンソメスープを作り、ひと口だけのつもりが、気が付けば具もスープも3杯、お鍋を空っぽにしていました。

そして、おなかが空いたと桃ゼリーを食べました。

 

それから2時間後くらいには、完全復活した息子。午前中までの調子の悪さは何だったんだろう…と思うほどの元気いっぱいさになりました。

やはり浣腸のおかげでしょうか? 

 

病院で嘔吐の後にお腹が空いてラーメンとぜんざいを食べさせたらまた吐きました…と病院に舞い戻った患者さんの話をしながら、くれぐれも、いきなり大量に食べさせないように、親がセーブしてあげてくださいと先生に言われたのですが、結果、晩御飯にラーメンを食べ、デザートに餡子の乗った串団子&プリンを食べた息子。

しかしながら、今朝は元気いっぱいに小学校へ行くことができました。

 

明日からは、朝食後にトイレで出すものを出してから登校する癖をつけられるよう、生活習慣を見直そうと思います。

 

進研ゼミ チャレンジ2年生10月号 

学校から配布されたかけ算カード81枚全部に名前を書かないといけないはずなのですが、いっこうに持って帰る気配がなく、連絡ノートにお手紙を書きました。他の子は1週間以上前に持ち帰っているにもかかわらず、本人に聞いても、「あ、持って帰るの忘れた~」の連続。我が子ながなさけない・・・。

 

さてさて、今日はチャレンジの10月号の経過報告をします。最近、なんだかだらけた日々を送っている息子くんは、全く勉強に身が入りません。

昨日も、勉強もしないでYouTubeを見ながら踊っていました。幼稚園の頃に良く踊っていたエビカニクスやようかい体操第一などをノリノリで踊りまくっていて、何だか可愛くて思わず一緒に踊ってしまいました。

 

チャレンジ2年生 10月号

チャレンジ2日目の学習内容は漢字でしたが、まだ習ってないので飛ばしたいとのことで3日目を先にやりました。

学校の教科書と同時進行で、「名前を見てちょうだい」というお話です。3日目、4日目、5日目、7日目とこのお話が続いています。

【チャレンジ10月号国語3日目】

f:id:yutan1ban:20191004131220j:plain

【チャレンジ10月号国語4日目】

f:id:yutan1ban:20191004131222j:plain

 【チャレンジ10月号国語5日目】

5日目の物語の中のイラストの牛、息子は「体細っ」といってツッコミ入れてました。

教科書はメルヘンタッチのふんわりしたイラストなので、チャレンジの絵柄とギャップがかなりあり気になっている様子です。

f:id:yutan1ban:20191004143741j:plain

  【チャレンジ10月号国語7日目】

6日目も漢字だったので飛ばして進めました。飛ばした2日目、6日目はこの週末に終える予定です。

ちなみに7日目のこの大男のイラストも気に入らない様子でした。

f:id:yutan1ban:20191004153947j:plain

 

 

ということで、ここまで順調に進んでいます。

算数は飛ばさずにやっていますので、5日目までと12日目が終わったところです。

そうして12日目をやっているかはこちらで ↓ 
www.yutan1ban-gakushu.work

 

今月は様子を見ながら7月号で届いている「もっと思考力ワーク」に挑戦したいと思っているので、学校の授業を鑑みつつもどんどん頑張った行こうと考えています。

進研ゼミのチャレンジ10月号が学校の授業の進捗とピッタリすぎて困っていること

f:id:yutan1ban:20191003120852j:plain


チャレンジ10月号も頑張ってます。

今のところ、学校の授業と同時進行なようなのでわかりやすいようです。

国語は「名前を見てちょうだい」というお話をやっています。

学校の授業と同時進行なことの良い点は授業での理解を深められて、予習復習になるというところだと思いますが、悪い点もちらほら見えてきました。

  • 授業でやったという慢心から、チャレンジで物語をよく読まないまま回答する。
  • 考えないで、学校でやった記憶で回答する。
  • 分かった気になって問題すらよく読まないので、学校でやった問題と微妙に違っていることに気づかず回答する。

今回の国語の「名前を見てちょうだい」に関してですが、教科書に掲載されているのはフルバージョンの物語で、チャレンジの問題では抜粋されたバージョンです。

教科書の物語を記憶している息子は、チャレンジには書かれていない表現で解答したりしていました。

子どもの性格にもよるとは思いますが、うちの息子の場合は、あまりに教科書とタイミングが合いすぎると、片方がいい加減になってしまう傾向が見て取れます。

おそらく、進研ゼミを勉強した直後に学校で同じ問題をやった場合、学校の方の回答が同様にいい加減になっているのではないかと心配です。

家で勉強したから分かった気になって、授業に身が入らなくては元も子もないですよね。

自分の経験も踏まえて復習中心の学習がいいとは思っていましたが、息子の場合は直近すぎる復習は「記憶の定着になる」以前の問題です。

 

よく言えば、学校でやったことをちゃんと記憶しているし、よく理解しているとも取れるのですけどね。