小学生の「おべんきょう」をフォローできるママになるぞ…

いなか街にすむ働くママが、ゆるくできる学習補助を試行錯誤で頑張るブログです。学研、進研ゼミ、本屋さんで購入した問題集、インターネットからダウンロードできる問題など、いろいろ試しながら試行錯誤しています。

感想文に愕然とした話 小2息子の文章力

小学校で学習発表会がありました。

息子の学校は、劇などではなく、全学年が合唱を発表します。

 

その時の感想文を息子が持ち帰ってきました。

 

花丸をもらっていたので嬉々としながら読んでみると、一転、私は愕然としました。

気になる感想文の中身は? 

【〇〇コンサートをふりかえって】

今日、〇〇コンサートがありました。最初は歌でした。次は1年生の発表でした。次に2年生の発表でした。次に3年生の発表でした。次に休憩でした。次に△△学級でした。次に5年生の発表でした。次に4年生の発表でした。最後に6年生の発表でした。先生の発表がありました。あと、もみじを歌いました。

(※読みやすく漢字に変換しています。)

f:id:yutan1ban:20191122132731j:plain

 

これまでも、作文を書くときは、「あったこと」や「やったこと」はみんなが知っているから、それに対して思ったことや自分の気持ち、感じたことを書いたほうがいいよ、と常々言っていたのですが、事実のみの羅列になっています。

 

同じ職場に息子と同じクラスの男の子のお母さんがいるので、お昼休みに話をしてみたところ「うちの子も似たようなもんだったよ」と言っていて、さらに、「担任の先生は、あの作文に花丸を付けるのはどうかと思う」とも言っていました。

これまでも、夏休みの日記に見ましたシールを貼って、その日のうちに返却されたりと、絶対に読んでない疑惑があったりしていたので、そのお母さんは、来月の個人懇談の時に先生に話をしてみるとも言っていました。

 

と、まぁ、担任の先生の良し悪しは置いといて、何とか息子の文章力を上げなくてはいけません。

 

文章力を上げるためには何をするべきか・・・。

 

何を調べても「読書」「読書」「読書」ばかりが書いてあります。

 

yahoo!知恵袋への質問には、「読書以外で低学年の文章力を上げる方法を教えてください」というものまであり、その回答として、「どうして読書以外なのですか。文章力を上げるには読書しかありません」とまで断言されています。

 

良い文章を書くためには読書が一番であることはわかりましたが、実のところ、私も読書以外の方法で文章力を上げる方法を探したいです。

 

夏に読書感想文を書かせました。

 

その際に、私はずっと付きっ切りで側にいたので、質問形式でメモを取ることから始めました。

  • どうしてこの本を読もうと思ったんだっけ?
  • 一番すごいと思ったことは何?
  • もし自分が〇〇だったら何したい?

などと質問をしつつメモを取り、本を読んで書いてあったことを全部書くんじゃなくて、すごいと思ったことや、自分がどう思ったかだけを書けばいいということを教え、なかなか良い読書感想文がかけたように思います。

 

今回のこの作文を読んで、コンサートであったことはみんな一緒に見て知ってるんだから、〇〇くんがどう思ったか、次はどうしたいかとかが知りたいんじゃないかな・・・みたいなことはアドバイスしましたが、「だって花丸もらってるからいいんじゃないの」と息子。私のアドバイスはまったく響いてないようでした。

ここにも担任の先生の花丸の悪影響が・・・!!

 

作文力をつけるために検討中の教材

息子が進研ゼミをずっと続けて頑張っていることはこのブログにも書いているとおりなのですが、次年度の4月から、オプション講座として「作文・表現力コース」が始まるようです。2か月あたり3,300円とお値段もそれなりなのですが、この「作文・表現力コース」は、【1回だけの受講はできません】と注意書きに書いてあるのが申し込みを躊躇してしまう原因になっています。

もし、息子に合わなかったとしても、すぐにはやめられないなんて悲しいですよね。

 

そこで、ちょっと気になているのが「宮川式 10分作文らくらくプリント 小学校低学年編」です。アマゾンには売っているのですが、身近な本屋さんにはなく、中身を見てから決めたい私としては、まだ購入できずにいます。


宮川式 10分作文らくらくプリント 小学校低学年編

 

 画像検索をしたら中身を公開してくれている方がいらっしゃったので、とても参考になりました。

www.google.com

 イラストは可愛くないけど、内容は良さそうなので、冬休みに向けて買ってみてもよいかな・・・と思ってます。

購入して良さそうなら、またご紹介したいと思います。

 

【作文についてのおまけ】

同じ職場のお母さんと話している時の会話を聞いた30代バリバリ理系男子は、

「そんなの大丈夫ですよ、僕は夏休みの日記に、「書くことはありませんでした。」と毎日書き続けたけど、ちゃんと大人になれました」

と自慢してくれました。フォローになってないところが和みます(;^_^A

進研ゼミ チャレンジ2年生 12月号が届きました

f:id:yutan1ban:20191121120838j:plain

昨日のサッカーでは、練習中の試合でめちゃめちゃいいゴールを決めていました。

ズバーンというゴールではなく、ふんわりとゴール前の敵の間を抜く絶妙なゴールです。

練習終了後、「今日のゴールはすごかったね~」と褒めると、「人がいっぱいいてシュートできんと思ったけど、そこだけ隙間があったのが見えた」という答え。

偶然のたまもののゴールかと思ってたけど、ちゃんと狙ってたなんてすごい!!

体は大きいけどあまり運動が得意ではない息子。トリッキーなことをしたりコースを考えたりで、頭を使って運動能力を補おうとしているようです。

 

進研ゼミ チャレンジ12月号

進研ゼミ チャレンジ12月号はクリスマスパッケージで届きました。

通常は2色刷りなイメージですが、フルカラー印刷で可愛いです。

f:id:yutan1ban:20191121140224j:plain

 

入っていた中身は以下のとおり。お友達紹介キャンペーンのチラシなどはうっとおしいだけなので写真には掲載していません。

クリスマスなので学習系のおもちゃ的な付録があってもよさそうな気がしますが、残念ながら冊子ばかりです。

f:id:yutan1ban:20191121140332j:plain

【進研ゼミ チャレンジ2年生 12月号の内容】

  • 漢字・かけ算ばっちりブック
  • 冬の実力診断テスト
  • はてなはっけんブック
  • チャレンジ2年生
  • 保護者通信

 

漢字・かけ算ばっちりブック

 

漢字・かけ算ばっちりブックは、コミック形式になっています。

また、1ページ目には赤い虫メガネのような「まほうのめがね」なるものが付いていました。

f:id:yutan1ban:20191121150003j:plain

 

何だろう???と一瞬思いましたが・・・、

f:id:yutan1ban:20191121150408j:plain

赤いマスに「まほのめがね」を乗せると、あ~ら不思議、下の写真のように答えが見えるようになっています。

f:id:yutan1ban:20191121150433j:plain

すっかり忘れていましたが、こういうの、昔ありましたよね。

蛍光ペンみたいなので色を塗って、付属の下敷きみたいなシートを乗せると文字が見えなくなる文房具。今でもあるのかな??

 

冬の実力診断テスト

12月号は赤ペン先生ではなく「冬の実力診断テスト」です。マークシート方式の問題になっていていますが、WEB上で解答できるようになっているので、切手もいらないし楽と言えば楽ですが、物足らないような気もします。

f:id:yutan1ban:20191121151816j:plain 

全国順位がわかると言っても、問題数も少なく、小学2年生くらいだとみんなほとんど間違えないので、1問ミスするだけでとんでもなく順位が低くなるので要注意です。

 

はてなはっけんブック

我が家ではほとんど活用できていない「はてなはっけんブック」の12月号は、体をまもるひみつはっけん だそうです。今月も活用できないかも・・・。

f:id:yutan1ban:20191121152638j:plain

 

チャレンジ2年生 12月号

12号の売りは、実力診断テストを期限内に提出すると、本物の金メダルがもらえることのようです。

f:id:yutan1ban:20191121152951j:plain

金メダルシリーズは、10月号から始まっていて、10月号はシール、11月号はメモ帳、そして12月号は金メダルがそれぞれプレゼントされます。

私的には、金メダルなんてイマイチだな、、、いらないよって思ってましたが、息子的には金メダルなら欲しいとのことでしたので、いい企画なのかもしれません。

 

ちなみに、11月号は明日にでも赤ペン先生をする予定ですので、金メダルメモ帳も無事にゲットできそうです。

 

保護者通信12月号

保護者通信12月号の特集は「3年生へ向けて 自立の芽をはぐくむ関わり方」。

f:id:yutan1ban:20191121153631j:plain

そうか、あと少しで3年生か。。。ついこないだ入学したようなのに、あと数か月で低学年から中学年になるのですね。

「そろそろ自分で・・・」どころか、私の気持ちとしては、「まだまだ何でもやってあげたい!」というところなのですが、それでは自立の芽は育めないのかもしれません。

なんだかさみしい・・・・

 

ということで、進研ゼミ チャレンジ2年生 12月号の中身のご紹介でした。

小学2年生男子へのクリスマスプレゼント

f:id:yutan1ban:20191121095646j:plain

クリスマス近づいてきましたね。

とはいえ、まだまだ1か月ほどあるですが、そろそろサンタさんの準備を始めなくてはいけません。

みなさんのお宅では、クリスマスプレゼントは決まりましたか?

 

息子に「今年はサンタさんに何をもらうか決めたの?」と聞いてみたのですが、どうやら特段欲しいものはなさそうな答えでした。

贅沢な話ですが、1人っ子ということもあり、普段から欲しいものはほとんど買ってもらえてたりするので、欲しいものが思い浮かばないというのも納得できます。

 

でも、サンタさんが来ないというわけにはいかないので、色々と提案をしてみました。

 

 

 

クリスマスプレゼントの候補

 

ニンテンドーswitch 太鼓の達人は持ってるから「タタコン

 


【任天堂ライセンス商品】太鼓の達人専用コントローラー 「太鼓とバチ for Nintendo Switch」【Nintendo Switch対応】

 これが一番、息子が欲しがるだろうと思っていたものだったのですが、結論から言うと却下されました。

太鼓の達人のソフトはあるのですが、コントロールを振っても上手く反応せず、Aボタンなどの連打で操作をしなくてはいけないので、ゲーセンのようには楽しめなくて残念な思いをしています。却下されたとはいえ、いまだにタタコンが一番いいように思ってます。(欲しいのは私かも・・・)

 

ブレイブボード

 


ラングスジャパン(RANGS) リップスティックデラックスミニ サーキットネイビー

 近所のお友だちが持っていて、少し前に貸してもらって遊んでいたので、自分専用のものを買ってあげようかと思って提案しました。とはいえ、危ないような気もしていて、どうかな・・・と悩みつつでした。

結果、借りて遊んでいたのは秋ごろだったこともあり、その頃は欲しがっていたのに、今ではすっかり思いは冷めていたようです。

 

ニンテンドーswitch FIFA20


FIFA 20 Legacy Edition - Switch

 

このゲームはイオンにプレステ版のお試し機が設置してあり、何度か遊んだことがあります。私にはさっぱり操作方法がわからないのですが息子は器用に選手を動かして他の子と対戦をしていました。

欲しがっているのは知っていましたが、もし買ったとして、「ママいっしょにやろう!」と言われたときのことを考えると、いまいち買ってあげる気にはなれません。

でもまぁ、クリスマスだし。。。と思って、「イオンでやってたサッカーのゲームは?」と提案したら、顔色がパッと明るくなって、「それがいいっ!!!」と二つ返事で決まりました。そうか、そんなに欲しかったとはまったく気が付きませんでした。

 

 

ニンテンドースイッチ FIFA20 or FIFA19

というわけで、ニンテンドースイッチサッカーゲーム FIFA20に決まったわけですが

ゲームシステムが変わったわけではないようなので、節約をしてFIFA19という、1年前のものでも良いのかな…と思ったりもしています。

だって、最新版は倍くらいのお値段になってしまうし、息子はFIFA19にしても絶対に気が付かないはずだし・・・。

そもそも、「ニンテンドースイッチのあのサッカーゲーム」という認識しかなくて、後で私が確認して、FIFA20だということが分かった(息子にはタイトルなどは伝えてない)というレベルです。

節約をして昨年度版を買うか最新版を買うか・・・・悩ましいです。

 


FIFA 19 STANDARD EDITION - Switch

進研ゼミ チャレンジ2年生の「もっと思考力ワーク」を頑張ってます

「もっと思考力ワーク」はおもしろいです。遊び感覚でできるのが良いです。

では、今日はここ最近学習した「もっと思考力ワーク」をご紹介しますね。

 

 

 

もっと思考力ワーク 8 「同じ水槽で飼う魚を考えよう」

「8 同じ水槽で飼う魚を考えよう」ということで、魚の特徴をつかんで、どの組み合わせなら同じ水槽で飼えるのかを考える問題です。

 

まずは各魚の説明を読みます。巻末に魚の写真シールが付いていて、説明に合うシールを貼るところからスタートです。

f:id:yutan1ban:20191108153511j:plain

説明文を読んで、飼うために重要なところに線を引いてます。自分に興味のある内容なので、けっこう熱心に読んでました。

そして、読み取った内容を表にまとめ・・・・。

f:id:yutan1ban:20191108153520j:plain

 

最終的に、同じ水槽で2種類の魚を飼うなら、どの魚とどの魚かを選んで、水槽のイラストにシールを貼り完成です。

f:id:yutan1ban:20191108153516j:plain

普段何気なくやっていることですが、このように、道筋を立てて考えてみるのはとても良いことだと思います。

 

もっと思考力ワーク 9 「子どもは何人いるのかな?」

この問題、ヤバいです。問題を読んだだけでは私にはさっぱりわかりません。

f:id:yutan1ban:20191112155004j:plain

シールの枚数÷5枚=子供の人数・・・余り7?

6枚×子供の人数=シールの枚数+4??? 

5枚×子供の人数=シールの枚数-7???

えー、マジでわからない!!

 

図を見て考えよう!とのことで、ついのページの図を見ると、

f:id:yutan1ban:20191114093903j:plain

1人に5枚づつ配って7枚があまり、6枚づつ配ったら4枚足らないので、下の写真のようなづになります。

f:id:yutan1ban:20191114093944j:plain

 ということで、6枚づつ配れた子どもと、足らなかった枚数を足すと、子ども全員の人数が計算できるそうです。

 

息子は答えを記入し終えた後で見たので、ホントに理解してこの回答をしたのかどうかはわかりませんが、私は、さっぱりまったくぜんぜんちっともこの問題の解き方がわかりませんでした。

もちろん、図を見るとなるほど・・・と理解はできるのですけどね。

 

ということで、似た問題を作ってみました。おまけでうまい棒の数も求める問題にしました。今夜はこれを進研ゼミのチャレンジにプラスしてみます。

f:id:yutan1ban:20191114100210j:plain

子どもの大好きなうまい棒の問題だから、興味を持ってくれるといいな♪

 

 

チャレンジ10月号の赤ペン先生が返却されました!

この3連休はいかがお過ごしでしたか?

 

車で30分ほどの山中にハリネズミなどの小動物と触れ合えるカフェがあると聞いたので、調べて日曜に行ってみたら、この3連休は臨時休業でガーーーンっとなってむなしくイオンで遊びました。

イオンでは子ども縁日をしていて、くじ引きや、おもちゃの魚釣り、射的など色々なことをやっていたのですが、息子はその中の金魚すくいをしました。

 

金魚すくいって人気ないです。

 

息子が金魚すくいをしている間(おそらく30分くらい)、誰一人「金魚すくい」をする人はなかったし、「わーほんものの金魚すくい!」「金魚すくいしたい~」「やーりーたーいー」というと近寄ってくる子どもたちはたくさんいたものの、大人がことごとく「金魚すくいだけはダメ」「やめて!」「他のにして!」と、厳しく抑止していました。

確かに、動物虐待的な要素も無きにしも非ずだし、金魚を持って帰っても飼えないとかお世話が大変とか色々と事情があるのだとは思いますが、そこまで拒否らなくてもな・・・とちょっと複雑な気持ちでした。

f:id:yutan1ban:20191105154459j:plain

イオンの金魚すくいは、すごく強力なポイだったので、この後、息子は水槽の中の金魚35匹ほどを全すくいして、空っぽにしてしまいました。

とはいえ、持って帰れるのは2匹だけですけどね。

我が家には夏祭りの金魚が1匹だけ生きているので、お友達金魚ができて良かったです。

 

進研ゼミ チャレンジ10月号 赤ペン先生

進研ゼミ チャレンジ10月号 赤ペン先生の問題が返却されました。

郵便受けに赤ペン先生の封筒を見つけると、ちょっとワクワクした気持ちになります。

f:id:yutan1ban:20191106135120j:plain

 

ということで、開封してみると・・・・

 

f:id:yutan1ban:20191106135137j:plain

今月も国語・算数ともに100点でした~!!

そして同封されていたのが、こちらの金メダルシールです。正直、シールもらってもな・・・・という感じです。

f:id:yutan1ban:20191106135413j:plain

 

チャレンジ10月号 赤ペン先生 算数

10月号算数では100点だったので、特に注意する点等はありません。

ただ、チャレンジ本紙に、今月の赤ペン先生を提出したら、特別なイラストを赤ペン先生が描いてくれると宣伝されていたので、ご紹介しておきます。

 

この耳が20になっているコラショが特別なイラストだと思われます。良~く見ると、かけ算の5×4=20(耳)になっていますね。

f:id:yutan1ban:20191106135134j:plain

そして、毎月恒例の「もう1もん!」コーナーも書いてくれています。

今回は答えが先に見えちゃった・・・ということで、失敗してしまいました。赤ペン先生ごめんなさい・・・。

 

 

チャレンジ10月号 赤ペン先生 国語

続いては赤ペン先生の国語です。

先月に引き続き、漢字が微妙でしたが、赤ペン先生は丸をくれています。

f:id:yutan1ban:20191106135131j:plain

 毎回思いますが、赤ペン先生は字が丁寧できれいです。

 

下の写真の問題、息子ってばっ!!!!!!!

こんなの書いたら、「ときどき」とはいえ、何だかしょっちゅう怒ってるお母さんみたいじゃん!!!と思ったけど、書き直させるのも何なので、そのまま赤ペン先生に提出しました。

f:id:yutan1ban:20191106135128j:plain

そりゃ、たまにはガミガミ言うこともあるけど、おそらく他のお母さんに比べても怒らない方だと思うし、やりすぎと言われるくらい、息子の願いはほぼ何でも叶えてあげているつもりなんだけどな・・・・。 

 

 

赤ペン先生とお話しようコーナー

今回は、赤ペン先生とお話しようコーナーが2つありました。

まずはかけ算九九についてです。

f:id:yutan1ban:20191106135125j:plain

 算数は得意だし、特にこのかけ算九九に関しては楽しいようで、チャレンジ11月号の付録は毎日お風呂で活用しているので、やる気満々です。

 

そして、赤ペン先生とお話しようコーナーはこちら。

この回答もむごい…( ゚Д゚)

 

最近嬉しかったことが「火曜日が休みだったこと」だなんて・・・。確かに、即位礼正殿の儀で10月22日(火)はお休みでしたけどね、お休みだったこと自体ではなくて、お休みで、〇〇したことが嬉しかったとか、何かもっと他の表現があると思うんですよ。

f:id:yutan1ban:20191106135122j:plain

そして気になるのが、赤ペン先生からのお返事です。「先生は、本を読んで楽しかったよ。」ということは、赤ペン先生は休みの日ゆっくり本を読める環境にある方なのでしょうか?小さい子供がいたら、なかなか難しいことなので、これが本当だとすると少し人物像が絞られます。

まぁ、本を読むというのは先生としては模範解答すぎるので、必ずしも本当とは限りませんよね。・・・と、ちょっと深読みしてしまいました。

 

ということで、チャレンジ10月号の赤ペン先生の解答について書いてみました。

ちなみに、チャレンジ11月号はイマイチ進んでいません。というのは、息子がもっと思考力ワークばかりやりたがっているからです。

この件については、また後程アップしたいと思います。

息子の中耳炎にチューブ治療をした話

f:id:yutan1ban:20191101154339j:plain

 

 

今ではめったに中耳炎にはならなくなりましたが、息子が小さいころは中耳炎にかなり悩まされました。

ちょっと風邪をひいては中耳炎、花がじゅるじゅるし出したら中耳炎、お熱が出たら中耳炎…と毎週のように耳鼻科にお世話になっていました。

中耳炎になれば本人もつらいのですが、仕事をしている親も大変です。

中耳炎はお熱が出るので、その度にお迎えの電話がかかってきて仕事を休む羽目になってしまいます。

 

あまりに中耳炎を繰り返し、度々、膿を出すための鼓膜切開をしていたので、ある日、耳鼻科の先生から鼓膜チューブ治療を勧められました。1歳半にならないくらいのことだったと思います。

鼓膜チューブ治療は鼓膜にすごーく小さいチューブを入れて、中耳炎になったときは膿がチューブの穴から自然に出てきて直りを早くし、また、日常から中耳炎になりにくくする治療法です。

色々と悩んだ末、息子は鼓膜チューブ治療をしたのですが、劇的に改善されたことにより、子どもも楽になったのはもちろんですが、何より親である私の負担も減って、すべてがハッピーになりました。

 

鼓膜チューブ治療

それでは、鼓膜チューブ治療についてもう少し詳しく説明したいと思います。

先ほども書いたのですが、鼓膜チューブは、鼓膜に穴をあけ、その穴に数ミリ程度の小さなホースを切ったようなチューブを入れます。

治療と言っても、手術のようなものなので麻酔が必要です。

息子がチューブを入れるにあたり、一番悩んだのがこの麻酔についてでした。

息子が通っていた(まだたまにお世話になってますが)耳鼻科でチューブ治療をする場合、大きな病院に紹介状を書いてもらって手術を受ける形で、全身麻酔か部分麻酔かによって、紹介する病院が変わるから、どちらかを選んでくださいと言われました。

その話を聞いた瞬間から、私の中では「部分麻酔」にしようと考えましたが、一応それぞれについて先生の意見を聞いたところ、

部分麻酔・・・・子どもが怖がって暴れると危険、みんなで押さえつけての手術なので恐怖心があり怯えてしまう。半日もあれば全て終わるのですぐに帰れる。

全身麻酔・・・・麻酔のリスクは部分麻酔より高い。眠っている間に終わるので恐怖心もなく子どもにとっては楽。1泊2日の入院が必要。

というようなことを言われました。

すぐに返事をしなくてはいけないわけではなかったので、その日は保留にして病院を出たところで、たまたま、通っているこども園で同じクラスのお母さんにバッタリと出会いました。その子もちょうどその耳鼻科に行くところだそうです。

 

お友だちのお母さんの助言

「実は鼓膜にチューブを入れるのをすすめられちゃって~」とお友だちのお母さんに話すと、

「うちの子はもうとっくに入れたよ」

「え?そうなのぉ?」

ということで、目の前でチューブの先輩ママを見つけることができました。

 

大学病院で部分麻酔で入れたこと、処置もすぐに終わってそれほど大変ではなかったこと、その後、中耳炎になりにくくなったことなど、色々と教えてくれました。

何より、親が楽になり、仕事も休まなくてよくなったし、病院に行く回数も減るし、絶対オススメだと話してくれました。

また、全身麻酔はやはりちょっとのことでも怖いし、取り返しがつかなくなることもあるらかやめた方がいいとのこと、部分麻酔でも全然大丈夫だったことなども教えてくれました。

実はこのお友だちのお母さんは薬剤師さんのお仕事をしていますでの、医療関係にもそれなりに詳しいはずです。

ちょうどよい時にこのお母さんと出会えてホントに良かったと思いました。

 

大学病院でチューブを入れる日

いよいよチューブを入れる当日です。当日までは、行きつけの耳鼻科さんで紹介状をもらう程度で、何もすることはありません。ただし、鼓膜の状態が悪い時にはチューブを入れることができないそうです。

 

順番を待っての診察後、しばらくたって、いよいよチューブを入れてもらうことになりました。

麻酔薬は診察の時に耳に入れてもらっています。

診察までは一緒にいられたのですが、いよいよという段階になって、お母さんは待合でお待ちくださいと外に出さされました。

息子はベッドに横になり、4~5人くらいの先生や看護師さんがやってきて、全員で手足頭を押さえてつけられて、1歳6か月ほどの息子はまったく身動きできない状態にされている姿を最後に私は処置室を出ました。息子は泣き叫んでいて、かわいそうではありましたが、どうすることもできません。

待合まで息子の断末魔の叫びは響き渡っていて、あまりの悲壮な叫びに、逆に笑ってしまうほどでした。

10分ほど待ってまた処置室に呼ばれ、全部が無事終了したこと、今後のことの説明を受けました。

今後のことと言っても、当日の入浴は控えることくらいです。明日からは普通にしていいとこのことでした。

泣き叫びすぎてぐったりしているかわいそうな息子は、5分ほど抱っこしていると、疲れていたのかすぐに眠ってしまいました。

お会計を済ませた後、ちょうどお昼時でおなかが空いていたこともあり、眠った子供を抱っこしたまま、大学病院の食堂で昼食を取り、駐車場へ向かおうとした頃に、息子が目を覚ましました。

そして、何事もなかったように元気いっぱいになり、チューブしたばかりだし、すこしは静かに過ごしてくれ~と思う私の心配をよそに、いつも通り、いやいや、それ以上の息子に戻りました。

 

チューブ治療その後

大学病院でチューブを入れた数日後だったと思いますが、再び行きつけの耳鼻科でチューブの具合を見てもらうために診察を受け、経過良好で何も問題はありませんでした。

 

チューブを入れてもらった後は、聞いていたとおり、中耳炎になることが劇的に減りました。中耳炎になっても症状が軽く、熱を出すことがなくなり、抗生剤を飲まされることもほとんどなくなりました。

中耳炎になるたびに1~2週間くらいずっと抗生剤を飲ませることに抵抗があった私としては、息子を薬漬けにしなくて済んだことがとてもうれしく思いました。

もちろん、中耳炎でこども園を休んだりすることはほとんどなくなり、私も仕事を休むことが激減し、チューブ治療によって、息子も私も中耳炎から解放され、ホントに楽になりました。

チューブ治療をした後に中耳炎になると、チューブから膿が出てくることがあり、耳垂れがあるかもしれないとのことでしたが、息子の場合、それはまったくありませんでした。

 

チューブが取れた!

その後も軽い中耳炎はあったので、何度か耳鼻科は通いましたが、1年ほどたったころ、チューブが取れましたよ と耳の中からピンセットで青い小さなものを取り出して見せてくれました。

チューブ治療をする際に、チューブは1年ほどで自然に取れると聞いていたし、それまでも耳の中の写真を見る際に何度も目にしていたので、驚きはしませんでしたが、実物を見ると、何となく感慨深い感じがしました。

 

結局、もう片方の耳からチューブが自然に取れたのは、それから数か月後だったように思います。

チューブが取れた後の経過も問題なく、チューブの穴は自然にふさがりましたし、中耳炎になる回数が増えたり、症状が重くなるようなことっもなく極めて順調でした。

 

 

チューブ治療その後のその後

チューブを入れたのが1歳半の頃で、小学2年生になったの今となってはずいぶん前の話になります。

今でもまれに中耳炎になりますが、1年に1度あるかないかです。

今思い返しても、あの時、チューブ治療をしなければどうなっていただろう・・・と思うほど、息子の場合、チューブ治療をしてから劇的に良くなりました。

 

中にはチューブ治療を勧めないお医者さんもおられるようなので、素人の私には良し悪しはわからないのですが、うちの息子の場合に限っては、チューブ治療をして本当に良かったと思っています。

 

もし、中耳炎で悩まれている方があれば、あくまで個人の見解の一つとして参考になれば嬉しく思います。

小2息子の11月の学年だよりを持ち帰りました

10月も今日で最終日です。今年も残すところあと2か月・・・。

ということで、昨日、学年だよりを持ち帰りました。

学年だよりには11月の行事、学習予定が書かれていますので、家庭学習をするうえで目安となります。

 

 

f:id:yutan1ban:20191031104416j:plain

コンサートとは、他校では生活発表会、学芸会などと言われる校内発表会です。息子の小学校では、合唱や鍵盤ハーモニカ、リコーダーなどを用いたコンサートとなっています。

今は劇の配役などでも親から苦情が出る時代なので、コンサートの方が無難なのかもしれませんね。

 

11月の学習予定

学年だよりには毎月の学習内容が掲載されています。

f:id:yutan1ban:20191031104425j:plain

国語に書かれている「ビーバーの大工事」はもうずいぶん前から学習を始めているようですし、音楽のコンサート練習も1か月ほど前からすでに始まっていましたので、さほど正確なものではないとは思いますが、このようにお知らせをしてくれると大変助かります。

 

夏休み明けにプチトマトを育てていた植木鉢を再度学校へもっていきました。少し前か、トマトの植木鉢に何か植えた?と頻繁に息子に聞いていましたところ、「まだ~」と毎回答えが買ってきていました。

この学習予定を見ると、生活に「冬の花を育てよう」とあるので、いよいよ何かを植えそうですよね。何を植えるんだろう??冬の花で育てやすいものと言えば、ビオラかパンジーあたりでしょうか。

 

かけ算九九

また、かけ算については、このように書かれていました。

かけ算については、進研ゼミのチャレンジ付録を使って、日々遊びながら、お風呂に入りながら練習していることもあり、「上がり」「下がり」「とび」すべて合格しました。

f:id:yutan1ban:20191031104421j:plain

 

 

三角形と四角形

算すでは、11月中には頑張っているかけ算も終わり、新しく「三角形と四角形」という項目に入るようです。

三角定規を購入することについてもこのようにお知らせがありました。三角定規、分度器、コンパスなど、これからいろいろと道具が増えていきそうです。

f:id:yutan1ban:20191031104418j:plain

道具が増えるということは、それだけできることが増えるということ。頑張れ~!!