小学生の「おべんきょう」をフォローできるママになるぞ…

いなか街にすむ働くママが、ゆるくできる学習補助を試行錯誤で頑張るブログです。学研、進研ゼミ、本屋さんで購入した問題集、インターネットからダウンロードできる問題など、いろいろ試しながら試行錯誤しています。

小学2年生のよい子のあゆみ(成績表or通知表)

息子の学校では「よい子のあゆみ」と呼んでますが、1学期の通知表について今日は書きます。「よい子のあゆみ」は終業式の前日に持ち帰ったので、もうずいぶん経ってしまいました。

私が子供の頃、親に成績表は友達とかに見せたらダメだと言われたものでしたが、今はどうなんでしょう?(成績は良かった方でしたが…)

で、こちらが持ち帰った「よい子のあゆみ」です。A4用紙3枚なのですが、1年生の時に配布されたクリアファイルに6年分を入れて保存するようになっています。

f:id:yutan1ban:20190730094518j:plain

学期末懇談の際に、すでに見せてもらって評価を聞いているので、持ち帰ってからは目を通した程度です。

 

学習の様子

評価は3段階で、◎〇△となっています。

f:id:yutan1ban:20190730100336j:plain


評価をそのまま掲載しても良いものかすごく迷いましたが、本人の名誉?のため、今回はボカシを入れておきました。

 

国語はオール〇でした。算数はオール◎でした・・・って書いたらぼかしを入れた意味ないですけどね。得意不得意が顕著に表れてしまった感じです。

ま、字も雑だし、文章を読まないし・・・なので、仕方がないです。

f:id:yutan1ban:20190730100133j:plain

懇談の時の先生の話だと、◎は非常によくできているのでわかりやすいが、〇は△に近い〇から◎に近い〇まであるのでわかりにくいと思いますとのことで、息子の場合は、良いほうの〇なので問題はありませんと説明がありました。

 

生活、音楽は◎と〇が半々くらいです。

生活の「身近な人や地域の様子、自分とのかかわりや自分自身のよさに気づいている」の項目はぜひとも◎であってほしかったのですが、残念ながら〇でした。

f:id:yutan1ban:20190730100129j:plain

 

図画工作、体育も同様に〇と◎がありましたが、本人もコンプレックスを感じている教科で、どちらもあまり得意ではないようです。それでも、運動するのは大好きだし、普段もお絵かきして遊んだりしているので、楽しんでくれているならまぁいいか。。。と思います。

f:id:yutan1ban:20190730100136j:plain

 

最後に、学習の様子の寸評が書かれていました。ピンボケでごめんなさい。ここに書かれている体育「ドッチボール」の学習では…について、手前味噌で申し訳ないのですが、チームプレーの際に息子は自分が主になるのではなく、味方にパスを出したり、指示を出したりできるところがいいところだなってずっと思ってました。これくらいの年齢の子だと、ボールを持ったら自分で投げたりドリブルしたりする子が多い中、考えてプレーするところをちゃんと見ていてもらえててうれしく思いました。

f:id:yutan1ban:20190730103709j:plain



学校生活での様子

2枚目は主に学校での様子が評価されていました。こちらはほぼほぼ〇ばかり。懇談では先生にすごく褒められた項目もあったのですがそれも〇どまりでした。よくわからないですね。

f:id:yutan1ban:20190730111735j:plain

 

 

ネットで検索をすると、小学校低学年のうちは◎ばかりで当たり前だとか、〇では高学年になったときに困るとか、不安をあおるようなことが多々書かれていますが実際のところどうなんでしょうね・・・。

 

我が家は田舎暮らしで中学受験のある地域ではないので、都会の方とは感覚が違うようにも思います。

自分が小学校だったころと比べれば、息子の通知表の評価は〇が多いようにも思いどうなんだろう…と少し心配にはなったりもしますが、ネットの情報に惑わされないで、目の前の息子をちゃんと見ていきたいと考えています。

夏休みの過ごし方 平日編(学童での過ごし方も)

f:id:yutan1ban:20190729143058j:plain

 

子どもが夏休みに入って10日ほどが経過しました。 

夏休みの過ごし方で検索をすると、「夏休みの過ごし方はとても大切です」と謳ったホームページが乱立しているように思います。そりゃそうだろうとは思いますが、親にだってできることとできないことがあるし、共働きで平日は子どもを学童クラブに預けていたら、過ごし方を管理することができない家庭がほとんど。

ということで、我が家の息子の夏休みの過ごし方をご紹介します。ちなみに、我が家は共働きとはいえ、夫はほぼ自営業(帰宅は夜10時頃)、私は平日9時~16時で仕事をしています。

夏休み 平日の過ごし方

6:20頃 起床

6:30 子供会のラジオ体操

7:00 朝食、進研ゼミチャレンジ2年生 

    めざましじゃんけん、自由遊びなど

8:20 私の出勤時に学童クラブへ

(学童のスケジュールは別途)

 

16:30~17:00 学童にお迎え

17:00 自由遊びなど    

18:00 夕食

    夕食後はTV、自由遊び、ゲーム、勉強など

19:30 お風呂 お風呂の後は自由遊び

20:30 就寝

 

以上が平日の夏休みの毎日の過ごし方です。このようなスケジュールを決めたのではなく、普段からの流れで自然とこんなスケジュールで過ごしているという感じです。

朝のうちに進研ゼミをやることが多いのですが、できなかったときには夕食前、夕食後にやってます。学童で自由学習の時間があるのですが、その時間に遊びすぎてあまり勉強をしなかった日には、同様に夕食前、夕食後に勉強をさせたりもします。

あまりガチガチにスケジュールを決めるのもどうかと思うので、その日のやるべきことをちゃんとやれば時間がズレてもOKだという認識です。大人だってスケジュールを細かく決められたらいやですもんね。

ちなみに、水曜日はサッカーの日なので、学童お迎えの後、サッカー教室に連れて行って、18時過ぎに帰宅するので、いつもより急ぎ足で進みます。

 

夏休み 学童での過ごし方

8:30 学童クラブの玄関が開く時間(室内遊び)

9:20 朝の会

9:30 学習時間 静かな遊びの時間

11:00 自由遊び

12:20 昼食

13:00 ゆっくり過ごす時間(休憩)

14:00 自由遊び

15:00 おやつ

15:30 自由遊び

16:30 室内遊び

16:45 帰りの会

17:00 室内遊び

18:00 全員帰宅

 

学童では、このようなスケジュールで1日を過ごしているようです。

登校してから朝の会までは、室内で自由に遊べるそうです。将棋、オセロ、ラキューなど色々なおもちゃやゲームがあり、それぞれの好みで自由に遊んでいます。

9時半からの学習時間では、それぞれが持参した夏休みの宿題や問題集などを勉強するそうですが、早く終わったり、やりたくない子は絵をかいたり、本を読んだり、静かに遊ぶ時間だそうです。

 

学習時間の後の自由遊びの時間は、7月中は自由遊びではなく、水遊びの時間となっているそうです。ただ、必ずしも水遊びをする必要はなく、水に入りたくない子はシャボン玉遊びなどをしているとのことでした。場合によっては、自由外遊びもありなようで、そんな時は息子は必ず外でサッカーをしています。

 

昼食は毎日お弁当を持参です。夏休み中は、夫・私・子どものお弁当を作らなければならず、毎朝の負担が半端ないです。給食ってホントにありがたいと実感します。

 

昼食後の1時間は、室内でゆっくり過ごす時間だそうです。暴れまわったりしないで体を休める時間という設定のようですが、どのようにして過ごしているのか、本当のところはわかりません。

毎日、3時におやつが支給されます。おせんべいだったりゼリーだったり、その日によっていろいろなおやつのようです。先日は、ガリガリ君1本づつがもらえたらしく、すごくうれしそうでした。

おやつの時間の前後は自由遊びの時間となっています。室内遊び、外遊び(外で遊べないときは体育館)など、自由に遊べるようです。ちなみに息子は、外ならサッカー、体育館ならバレーボールかバスケットボールをしていると言っています。

外遊びをしている子も、16時半くらいに室内へ戻ります。それ以降は、テレビ(DVD)を見たり、おもちゃなどで遊んだり、お迎えまでそれぞれが室内遊びをしています。

 

通常だと私が毎日16時半ごろに学童へお迎えに行きますので、息子は帰りの会には参加しないで帰りますが、帰りの会では、その日の反省会のようなことをしているようです。正確には反省ではなく、その日あった良かったことを発表しあうようで、「今日は〇〇くんが××したのがとても良かったと思いました」のように、他の人の良かったことを褒めあいます。深いですね。

 

自由遊び・室内遊びの時間について補足をしておくと、その時々でテーマを決めて、何か工作をしていることが良くあります。牛乳パックでくじ引きを作ったり、ルームバンドでブレスレットやビーズアクセサリー、アイロンビーズなど、色々なものを持ち帰ります。自分が作らなくても、作ったものを女の子がプレゼントしてくれたりもよくあります。

 

というわけで、このように日々を過ごしている息子です。夏休みは自由時間が多く、やはり楽しいようです。

 

夏休みは細かくスケジュールを立てましょうなどと言われますが、実際にそこまでするのは無理だともいます。時間に追われるようなスケジュールだと可哀そうですしね。

やるべきことはきちんとやるのが我が家流なので、それさえ済めば、後は自由というスタンスでゆるっと楽しい夏休みを過ごしてほしいです。

図書館っていいね!図書館で子どもが選んだ本

f:id:yutan1ban:20190726150043j:plain

1年ぶりくらいに図書館へ行きました。図書館へは行き出すと続けて行くのだけれど、行かなくなるとしばらく行かなくなります。

今回、図書館へ行った目的は、自由研究用の図鑑を借りるためです。購入するつもりで本屋さんに行ったのですが、学校の図書館にあったのと同じ本じゃないとダメだと言うので、とりあえず図書館へ行くことにしたのです。

今年の息子の自由研究は「宝石図鑑」づくり。探していたのはその参考とするための鉱物図鑑、石図鑑、宝石図鑑の類です。息子が欲しい宝石図鑑は、3000円くらいするものなので、いきなり買うのもちょっとな・・・とためらって図書館で見てみることにしました。図書館のホームページで、お目当ての本があることは確認済みです。

 

そして、やっと手に取ることができたのは「ずかん 宝石」。 


ずかん 宝石

 

MOVE、NEO、LIVEなどの図鑑は見たことがありますがこの「見ながら学習調べてなっとく ずかん」シリーズは、初めてみる図鑑でした。ちなみに、息子が買うのはいつもMOVEシリーズの図鑑です。

この「ずかん」シリーズはラインナップがおもしろく、このほか、「プランクトン」「細菌」「さなぎ」「雲」「文字」「数字」「武具」「さなぎ」など、なかなかマニアック。中も見やすく、大人でも十分楽しめるものでした。

 

図書館ついでに、他の本も借りたのでアップしておきます。

 

f:id:yutan1ban:20190726142757j:plain

「川原や海辺のきれいな石の図鑑」も併せて借りて見ました。自分できれいな石を探す時のコツや場所などが書かれています。宝石という観点ではなく、鉱物として色々な石が紹介されていて、こちらもなかなか良かったです。

 

 

f:id:yutan1ban:20190726142803j:plain

こちらの2冊は子どもが選んだ本です。どちらも、そのシリーズの他の本を借りたかったらしいのですが、貸し出し中でこの2冊になりました。

この「おばけずかん」シリーズは本当に人気なようですね。学校の図書室でもなかなか借りられないようです。

 

f:id:yutan1ban:20190726142800j:plain

本を借りる手続きが終わった直後に、これも借りたいと持ってきたのが「100万回生きた猫」です。とても有名な絵本ですが、実は読んだことがありませんでした。

 

帰宅後すぐに、息子が「100万回生きた猫」読んだことある??と聞いてきたので、「ないよ~」と答えると、珍しく読み聞かせをしてくれました。教科書の音読以外で、ちゃんと読んでくれたのは初めてかもしれません。

どうしてこの本を借りたいと思ったのかは聞きませんでしたが、「100万回生きた猫」は深い深い内容お話でした。息子はこのお話をどのように受け取ったのだろうか?と思いましたが、お話の深さに何も聞けませんでした。

というか、あまり子供向けという印象も受けず、良いのか悪いのか、ハッピーエンドなのかそうじゃないのか、なんとも言えないお話でした。

まぁ、お話の内容はともかく、子どもが読み聞かせをしてくれるほど成長をしてうれしい限りです。

 

ということで、今回は5冊の本を借りました。返却するときに、また違う本を借りたいと思います。

青少年読書感想文全国コンクールの課題図書を比較 初めての読書感想文

今年の夏は、初めての読書感想文への挑戦を考えています。

2019年 青少年読書感想文全国コンクールの「課題図書」というのがあるとのことで、どうせ書くなら課題図書の中から選びたいと考えています。

まだ本屋さんで確認をしていないのですが、とにかくページ数、文字数が少ないものを選びたいです。

小学校低学年用の課題図書は以下の4冊です。


魔女ののろいアメ (PHPとっておきのどうわ)

 


スタンリーとちいさな火星人

 


心ってどこにあるのでしょう?

 


もぐらはすごい

 

ページ数とアマゾンの読者レビュー★の数は以下のとおり。

  • 魔女ののろいあめ 79ページ ★4
  • もぐらはすごい 36ページ ★4.5
  • スタンリーと小さな火星人 32ページ ★3.5
  • 心ってどこにあるのでしょう 24ページ ★5

ちなみに、今回のアマゾンの評価は評価した人数も少ないし、あてにはできません。

 

話は逸れますが、私はテニスでひざを痛めているため、膝サポーターを買おうとアマゾンでのベストセラーの膝サポータの評価の内容を読んでいると、翻訳されたような変な日本語のレビューがほとんどでした(笑)絶対に信用できませんよね~。

 

ちなみに、「魔女ののろいアメ」は絵本ナビのページでは試し読みが可能です。「ちょっとためしよみ」なら登録も必要ないので、雰囲気を見るだけなら十分かもです。「魔女ののろいアメ」はページ数・文字数ともに他の3冊と比べ物にならないくらい多い印象です。息子が読むにはちょっと辛いように思います。

www.ehonnavi.net

 

「もぐらはすごい」は作者さんのページから本の中身の画像を見ることができました。絵も可愛いし、文字数も少ないし読みやすそうです。

twitter.com

 

「 スタンリーと小さな火星人」はAmazonで中身の画像を見ることができます。外国な感じです。こちらにもアマゾンのリンクを貼っておきますね。読んだ方の感想を色々なページで見たのですが、大人向けと書いてある物が多く、この本で子どもが読書感想文を書くのは難しいという見解が多数見られました。


スタンリーとちいさな火星人

 

 

「心ってどこにあるのでしょう?」は、出版社のホームページで中身を見ることができます。こちらも、色々なページでレビューを読んだ限りでは、心が温まるなど、評価が高いものでした。ページ数も文字数も少なく、絵が中心のまさしく絵本です。www.kinnohoshi.co.jp

 

 

驚いたのは、それぞれの本を読んだ感想文を書いているホームページが多数あること。読んでしまうとその意見に引っ張られそうなので、今回は読んではいませんが。中には、感想文をコピーしない方が良いかも・・・と書かれているものもありました。

世の中には子どもの夏休みの宿題の代行業者さんもあるようなので、まぁ、そういうこともあるのかもしれません。

 

こうして事前に情報収集をしておくと、選びやすいし本屋さんで長居しなくて済むので、スムーズに選ぶことができます。また、やっぱり違う本にしておけばよかった…という失敗も防ぎやすいように思います。

本の中身の画像をインターネット上で見た印象と息子の好みを勘案した感じでは「もぐらはすごい」が第一候補です。読書感想文も書きやすそうに思います。もちろん選ぶのは本人なので、今週末に一緒に本屋さんへ行こうと思います。

 

自由研究のテーマの決め方(我が家の場合)

f:id:yutan1ban:20190725142340j:plain

 

夏休みの自由研究のテーマは決まりましたか?我が家は夏休み前に決まりました。 

今日は我が家の自由研究の決め方を書いてみたいと思います。

www.yutan1ban-gakushu.work

 

「自由研究で何がしたい?」といきなり聞いても、明確な答えは返ってこないと思います。小学校低学年では、やはり自主的に自由研究のテーマを決めることは難しいです。なので、親が子供のしたいこと、できそうなことを引き出してやる必要があると思います。

まずはネットなどで小学校低学年でもできそうなものは何があるか情報収集をしました。それをそのまま子どもの自由研究でやらせるというのではなく、小学校低学年ができる自由研究のレベルを知ることができます。

レベルを知ったうえで、子どもの好きなことは何かを考えました。

小学1年生のとき 
  • 定番→磁石にくっ付くものくっ付かないもの→却下
  • 定番→水に浮かぶ野菜と沈む野菜→却下
  • 生き物が大好き→デュビアの脱皮の観察→却下
  • 生き物が大好き→シーモンキーの観察→OK→シーモンキー羽化に失敗
  • 図鑑を見るのが好き→身近な危険生物図鑑→却下
  • 図鑑を見るのが好き&魚に興味がある→お店で売っているおさかな図鑑→新しい図鑑(魚図鑑)を買ってもらえる→OK!!

この他にも色々と提案したように思いますが、記憶に残っているのはこれくらいです。あと、絵を描くのと粘土で何かを作るのも却下されました。

シーモンキーはお店でケースもついたセットを買ってきたにもかかわらず、羽化にに失敗しました。羽化するまでの写真もちゃんと撮っていたのに残念でしたが、おそらく、羽化してもお世話は私に役目になったと思うし、観察も続かなかったように思います。

 

結果、魚図鑑の作成に決まったのですが、深海魚図鑑は持っていたものの魚図鑑を持っていなかったこともあり、魚図鑑を買ってもらえるというのも決め手になったようでした。 やはり、子どもをやる気にさせるには飴が必要ということでしょうか。

www.yutan1ban-gakushu.work

 

今年(2年生)

昨年の参観日の際に、夏休みの自由研究の発表を見ました。それが今年の自由研究の参考になり、提案のバリエーションが増えました。

ただ、2年生になった今年は息子の自主性を尊重して、「まずは自由研究で何かやりたいことある?」と聞いてみました。昨年、クラスのお友達の作品を見て、ジオラマやビーだまを転がすゲームなどの大きなサイズの自由研究を羨ましがっていたからです。

でも、市販の工作キッドを使って作るのは嫌だったので、もし何か作りたいというなら、段ボールや何かで、一から手作りできるものをと考えていました。

ところが息子は、「今年は宝石図鑑が作りたい」と自ら言い出しました。内心、色々とプランを練っていて、自由研究ネタを調べていたのにちょっと拍子抜け。

確かに、色々な天然石を集めたり、図書室で宝石図鑑を借りて見ていたり、誕生石を調べたりしていたので、興味があったのだと思います。

昨年とは違い、ごほうびになる飴を用意していなかったにもかかわらず「やりたい」という気持ちになったということはとてもうれしいことです。

ちなみに、子どもに提案することもなく終わってしまった自由研究のネタは、以下のとおりです。昨年の没ネタも今年も再度提案するつもりでした。

  • 恐竜の種類・・・恐竜図鑑から恐竜を調べる
  • 良く飛ぶ紙飛行機・・・数種類の紙飛行機を作り、一番よく飛ぶ飛行機を選ぶ。
  • 段ボール迷路・・・段ボールと空き箱を使ってビー玉を転がして遊べる迷路を作る。
  • 宇宙の研究(太陽系の星について)・・・太陽系の星までどれくらいで行けるか、それぞれの星の特徴などを調べる

 

まとめ

親がいくら考えても子どもに却下されたら終わりです。無理に説得してもやる気のモチベーションがないと難しいかと思います。

子どもが絶対に気に入る!と自信を持って提案したテーマも軽々と却下されます。逆に、いくら子供がやりたいことでも、実現不可能なこともたくさんありますしね。

1年生2年生だと、テーマが決まった後もほぼ付きっ切りで見守ってやらないといけないので、あまり長期、長時間だと親的に難しいですよね。そのあたりも十分考えて、提案するテーマを選ぶとよいかと思います。 

 

 

 

夏休みの宿題 算数の問題の実験

夏休みの宿題の内容については先日ご紹介したところです。 

www.yutan1ban-gakushu.work

 

夏休みの宿題の「夏のトライ」という、リラックマの問題集は2日で全部終わらせてくれました。 

そして今、取り組んでいるのが「夏休みパワーアッププリント」という、ドリルや問題集の寄せ集めのようなプリント集です。こちらは問題数が多くて面倒な雰囲気。

その中の算数の問題で気になる問題があったのでご紹介したいと思います。

f:id:yutan1ban:20190724101027j:plain

「5 あい子さんと ともきさんが 水とうの かさくらべを します。正しく くらべるには どのように したら よいですか」という問題です。

夕食の準備をしていると、息子がこの問題がわからないというので簡単に実験をしてみました。

 

かさくらべの実験

形も大きさも違う入れ物に水を入れ、息子にどちらがの水のかさが多いと思う?と聞き予測をさせます。左はカルピスを買ったらもらえたカルピス専用コップ、右はジップロックの容器です。

f:id:yutan1ban:20190724104251j:plain 

 

次に、同じ大きさのコップを用意して、それぞれの容器の水をコップに移します。

f:id:yutan1ban:20190724104256j:plain

 

どちらの水が多かったかで、最初の容器でどちらにたくさん水が入っていたかわかります。答えは、右側のジップロックの容器でした。溢れなくてよかった…

f:id:yutan1ban:20190724104254j:plain

 

 

実験というほどの物でもないのですが、こうした実体験が心に残るように思うので、面倒でも、思いついたものはできるだけやって見せてあげることを心がけています。

算数の図形の問題や展開図のような問題も、実際に紙を切って作ったり、ピタゴラスブロックなどを使って作ってみたりと、実体験で学ぶことを心がけてきました。

言葉で説明し辛いというのもあるのですが、百聞は一見にしかずで、すぐに理解してくれるので、結局、私も楽に教えられるんですよね。


1・2年生の小学生ピタゴラス

赤ペン先生6月号が返却されました

進研ゼミ8月号同日、赤ペン先生の6月号が返ってきました。今回は対応がすごく早くてびっくり!!

今回、算数99点、国語100点という結果でした。

 

赤ペン先生の問題 算数

マイナス1点はここで引かれてしまいました。

f:id:yutan1ban:20190723134025j:plain

「何こ のこって いるでしょう」と聞かれているので、「こ」を書き忘れたために1点マイナスされてしまいました。ざんねーーーん!!

 

算数の問題の最後に、赤ペン先生からもう1問の問題が書いてあります。

「こんなん簡単っ!」と言いながら、口頭で間違っているところと計算の答えを言ってくれました。

f:id:yutan1ban:20190723134604j:plain

 

赤ペン先生の問題 国語

続いて国語のです。国語は100ではありましたが、こちらはちょっとおまけの100点という感じでしょうか。

f:id:yutan1ban:20190723135410j:plain

息子は、字は雑ながら、はねやはらいをちゃんと書くタイプなので、そこを見て花丸をくれる赤ペン先生。良いところを見つけて褒めるって素敵です!

赤ペン先生が書いてくれた「家」という漢字を見て、息子が「すごいきれいな字!!教科書の字と一緒!!」と驚いていました。

 

最後に毎回ある「赤ペン先生とお話をしようコーナー」にも、きれいな字でお返事が書かれていました。赤ペン先生は担任制なので毎回同じ先生がお返事をくれます。回数を重ねるたびに親しみがわきます。

f:id:yutan1ban:20190723135412j:plain

 

チャレンジウェブ 赤ペン先生ふくしゅうばっちり問題

ちなみに、赤ペン先生を提出すると、チャレンジのウェブページで「赤ペン先生ふくしゅうばっちり問題」ができます。国語・算数各数問で、ウェブ上にて回答するようになっているので、我が家では活用できていません。というか、すっかりその存在を忘れていましたので、タブレットでやってみてもいいかな…と思いました。

f:id:yutan1ban:20190723144007j:plain