小学生の「おべんきょう」をフォローできるママになるぞ…

いなか街にすむ働くママが、ゆるくできる学習補助を試行錯誤で頑張るブログです。学研、進研ゼミ、本屋さんで購入した問題集、インターネットからダウンロードできる問題など、いろいろ試しながら試行錯誤しています。

「夏の実力診断テスト」の結果が返却されました(進研ゼミ チャレンジ2年生8月号)

先日も夏の実力診断テストの結果についてはお知らせしたばかりですが、郵送で結果が届きましたのでアップしたいと思います。過去記事はこちらです ↓ 

www.yutan1ban-gakushu.work

www.yutan1ban-gakushu.work

 

届いたのは、「成績表&学習アドバイス」「個別復習ドリル」「光る宝物消しゴム」です。光るたからもの消しゴムは8月30日までに実力診断テストをやった人限定なので、息子はこのために頑張りました。あとで写真はアップしますが、すごく光りましたよ!!

f:id:yutan1ban:20190903115554j:plain

 

 

進研ゼミ チャレンジ2年生8月号 夏の実力診断テスト「成績表&学習アドバイス

では、「成績表&学習アドバイス」から見ていきたいと思います。

今回はとても良くできたので以下のとおりの結果でした。間違えたのは漢字の書き順の問題です。

f:id:yutan1ban:20190903115508j:plain

 

各教科、個別での結果の詳細もあります。

f:id:yutan1ban:20190903120302j:plain

 

そして、国語の総合アドバイスもありました。

余談ですが、昨日、このカエルの名前って何だっけ??という会話になり、「けろちゃん」「ケロヨン」「カエルっち」など色々な名前が出ましたが、そのうち息子が思い出して「カンガエル」だと判明しました。

f:id:yutan1ban:20190903120446j:plain


算数は100点だったので、さほど参考になりそうなアドバイス的な物もなく以下のような感じです。

f:id:yutan1ban:20190903120853j:plain

 

進研ゼミ チャレンジ2年生8月号 夏の実力診断テスト「個別復習ドリル」

この個別復習ドリルですが、他の子の個別復習ドリルを見たことがないので、どのあたりが違うのか、何パターンくらいあるのかさっぱりわかりません。

とりあえず、息子に届いたのは、算数がハイレベルな問題ばかり、国語は漢字の書き順問題の実が標準レベル、その他の文章題はハイレベル問題が届きました。

 

これまでないタイプの問題なので難しそうです。

下の問題の場合、ハートやクローバーの中にどんな数字が入っても、>または<になるということを説明してやらないと、おそらく問題を読んだだけでは息子には理解不能だと思います。

f:id:yutan1ban:20190903145425j:plain

 

こちらの問題も、ちゃんと見てじっくり考えないと、急いでぱっぱとやっちゃうとミスりそう・・・。

f:id:yutan1ban:20190903145431j:plain

 

 

国語の問題は、下の写真のとおりです。まぁ普通かな・・・という印象ですが、文章題が苦手なので、こうして問題がもらえるのはありがたいと思います。

f:id:yutan1ban:20190903145427j:plain




進研ゼミ チャレンジ2年生8月号 夏の実力診断テスト 光るたからもの消しゴム

さて、お待ちかねの「光るたからもの消しゴム」ですが、手触りは消せそうにない固い感じです。

f:id:yutan1ban:20190903150501j:plain

 

が、しかし、めっちゃ光ります☆彡

私の宝物にしたいくらい光ります。☆彡

 

f:id:yutan1ban:20190903150503j:plain

 

今回のプレゼントは大当たりでした。息子も喜んでいましたよ!

週末の進研ゼミ チャレンジ2年生9月号 

今日から新学期という子どもさんも多いかと思いますが、息子は8/27(火)が始業式だったので、新学期が始まって1週間がたちました。もうすっかりいつものペースです。

今日から通常の時間割での授業がスタートするとは言っていましたが、運動会も近いので、体育多めになるようです。ちなみに、今日の時間割は

  • 1校時目 運動会のダンスの練習
  • 2校時目 プール納め
  • 3校時目 運動会団結式
  • 4校時目 さんすう
  • 5校時目 たいいく
  • 6校時目 さんすう

だそうです。運動会のダンスは「バブリーダンス」とのことで、さっそく踊って見せてくれました。かわいい~よ~。

私は自他ともに認める息子LOVEなので、何をしても「かわいい~」となってしまてます。

 

金曜日の夜

さてさて、早速ですが、週末の進研ゼミ チャレンジ2年生9月号事情をお話したいと思います。

金曜夜はイオンに行ったのでチャレンジはお休みしました。

帰宅後、息子が仲良しの友達と、イオンで6時集合で遊ぶ約束したと言っていました。車じゃないといけない場所に勝手に約束してくる息子・・・・。しかも夕食もあるし、6時は無理です。

なんだかんだで6時半ごろにイオンに到着、お友だちはまだイオンに到着してませんでした。ほどなくして息子のお友だち家族がやってきて、約1時間半ほど、モーリーファンタジーメダルゲームをして一緒に遊びました。子どもたちはお寿司のネタを当てるゲームで大盛り上がりをしていました。

私はあまりメダルゲームが好きではありませんが、ひたすら射的のゲームをしつつ時間をつぶし、気が付けば30枚からスタートしたメダルは600枚を超えていました。私ってすごい!!

 

土曜日のチャレンジ9月号 4日目 国語

さてさて、土曜日・日曜日はちゃんと進研ゼミ チャレンジ9月号をちゃんとやってくれました。

いつもならチャレンジをする間は隣に座って見ているのですが、土曜の朝ちょっとバタバタしていたので、キッチンに立っていました。

4日目の国語の学習内容は漢字で「麦・知・長・海・後・組」の6文字の練習です。

6つの漢字のうち、2つはまだ習っていないとのことで、5日目の内容をしてもいい?と聞いていたので、「いいよ~」と答えので、5日目の内容をすることにしたようです。

 

5日目の内容は「はっぴょうする文章の書き方を知ろう!」という内容でした。

この項目は大人でも役に立ちます。

f:id:yutan1ban:20190902132153j:plain

「まずは結論から書く」ですよね。結論→その説明→まとめ という文章を書く時の基本を2年生で学ぶんですね。

 

土曜日のチャレンジ9月号 4日目 さんすう

算数の4日目は、「100より大きい数のひき算をしよう!」でした。

f:id:yutan1ban:20190902132825j:plain

あれ、4日目は???

国語で漢字のページを飛ばしてやったので、間違えて算数も5日目をやってしまったようです。まぁいいんですけどね。

 

 

 

日曜日のチャレンジ9月号 5日目 国語

昨日、まだ習っていない漢字があるから・・・と言って飛ばした4日目をやりました。

今日やるんかーい! じゃあ土曜日に飛ばした意味ないじゃん!

 

日曜日のチャレンジ9月号 5日目 さんすう

昨日、4日目を飛ばしてして進めてしまった算数ですが、それをすっかり忘れて6日目をやらせてしまいました。ま、いっか。

さてさて、算数ですが、「2回繰り下がりがあるひき算」の学習です。だんだん複雑になってきましたね。

f:id:yutan1ban:20190902134451j:plain

息子が、「見て見て、ショコラが答えを教えてくれてる~」と言って笑っていました。確かに、これでばっちりもんだいなのに、答えを教えすぎですよね。

 

とりあえず、全問正解で、ちゃんと理解しているようなので安心しました。

 

今夜こそは算数の4日目の問題をやらせなくては!

ローソンおでんの残念な出来事

f:id:yutan1ban:20190902113022j:plain

ローソンのおでん

先日、ローソンのおでんが70円均一セールをしていた時のことです。

おでんが発売になると、いち早く食べたくなります。

 

職場には毎日お弁当を持参しているのですが、その日はおでんにしようと決めて、おにぎりだけを作っていました。

職場近くのローソン

どのローソンにしようかな~♪と少し早めに家を出て、職場近くのローソンへ行きました。

「牛スジと玉子と糸こんにゃく」をオーダーしたのですが、玉子は昨夜すべて売り切れましたとのことで、替わりに「餅巾着」にしてお弁当代わりに美味しくいただきました。

あまりのおいしさに、夜もたべたーーーい!!息子にも食べさせてあげたーーーい!!ということで、仕事帰りに再びローソンへ。

 

帰りはこの辺りでおでんが一番おいしいと言われているローソンを選びました。

普段はあまり行かないローソンです。

 

おでんが美味しいと評判のローソン

入店しても店員さんはいなくて、「すいませーーん」と呼びかけたら奥から男性(おじさん)が出てきました。

「おでんください」と伝えると、おじさんは床から大きなビニール袋から容器を取り出し、思いっきり容器の中に指を入れて持って、さらに反対の手に持ち変えるときも指を入れてます。

 

店の奥から出てきて消毒もしないですぐに作業に取り掛かっているので、すごく嫌な気持ちになりましたが、まぁ、ローソンに完ぺきを求めているわけじゃないので、そこは我慢です。

 

そして、店員さんが汁を入れながら、おでんの入った容器に顔を近づけて何かをガン見しています。

「私のおでんと顔が近いよ!近すぎだよ!!」と思いつつも様子を見ていると、容器に何かを発見した様子なので、私も覗いて見てみると、コバエらしきものが見えました。

 

そして、何を思ったか、また空の容器を足元から取り出しました。もちろん、左右の指を容器の中にガンガン入れてます。

 

そして、私のおでんを別の容器に移そうとしています。

 

ここまでは黙って店員さんの行動を見ていた私ですが、さすがに「ちょっとまってください」と店員さんを制止しました。

「何をされるんですか?」と尋ねると、「虫が入っていたので、他の容器に移そうと思って・・・」だそうです。

「いやいやいやいや、他の容器に移しても、虫入りの汁は虫入りの汁じゃないですか?」と私。

「まぁそうですよねぇ」と店員さん。

 

コバエが入っていても通常ならあまり気にしない私ですが、容器を移し替えればOKというスタンスの店員さんにはさすがに驚きました。しかもお客さんの目の前でする??

容器への指のこともあり、さすがにもう買う気ににはなれず、「すいませんがやめます」と言ってお店を出ました。

 

家の近くのローソン

その後、家の近くのローソンへ。

おでんください と言うと、店員さんはまずは手を消毒して容器を取りました。もちろん、指を入れなくても容器がとれるように、店の奥にうつぶせにして重ねてあります。

そう、これが普通のローソンの対応なんだよ~!

 

さらに、このローソンでは、オーダーしたものがいくつか売り切れだったことへのお詫びなのか、串から1切れ取れて売りものにできない・・・と言って、牛スジを1本サービスしてくれました。

 

こうして、無事に息子にも今季初おでんをたべさせることができましたとさ、めでたしめでたし。

残念なココスでの食事

f:id:yutan1ban:20190902103333j:plain

ドキドキドッキン ココス 

今朝の息子はとても眠そうでした。いつもより1時間ほど寝るのが遅くなったからです。

というのは、昨夜は夫がいなかったので、久しぶりに2人で息子が行きたがっていたココスへ出かけてみました。

息子はココスのカリカリポテトが大好きなんです。

 

席についてすぐに「おこさまうどん、お子様ドリンクバー、スープバーと石窯パンセット、カリカリポテト、チキンステーキ、アサリのワイン蒸し」をオーダーしました。

 

20分くらい待ってやっと「お子さまうどん」がきました。その後、待っても待っても他の料理は来ません。

 

斜め向かいのグループが、あとどれくらいで料理が届くかを店員さんに尋ねて、その後すぐに料理が提供されていたのが見えたので、私も聞いてみることに。この時点で、ココスに入ってから45分以上過ぎていました。

 

店員さんを呼んで、「40分以上待っているんですが他のお料理はまだですか?」と聞くと、「少々お待ちください」と中へ。すると、すぐに料理を持って「たった今あがりました!」と持ってきてくれました。

届いたのは、冷たくて別な意味でガリガリになったポテト、生ぬるい石窯パン、人肌程度に温かいチキンステーキです。

 

「たった今あがりました!」と持ってきたのはウソだとバレバレですよね。

 

あまりの酷さに、持ってきてくれたお姉さんを呼び止めて、「「たった今あがりました!」って持ってきてもらいましたけど、すでに冷めてるんですけど」と伝えました。

 

「石窯パンは我慢できる範囲だし、チキンステーキもまだ少し暖かいので我慢します。でも冷たいポテトは何とかなりませんか?」と。

すると、店員さんは「お持ち帰り用に温かいポテトを用意することはできます」との答え。

「は?」なんか、この答って、ちょっと違いませんか?

店員さんは気を利かせてくれたの?? 今、この冷たいポテトを食べさせて、さらにお詫びとして揚げたてポテトを持ち帰らせてくれて、帰宅して冷めて頃にまた食べろってこと??

「いやいやいやいや、持ち帰り用にポテトを用意してもらっても食べるころにはまた冷めてますよ。」と思わずツッコミ入れましたよ。

「今、温かいポテトを作ってもらうことはできませんか?」と聞くと、「2分半ほどお待ちいただけばできます」と店員さん。

こうして、約5分後には揚げたてのカリカリポテトを食べさせていやることができました。そして、熱々のポテトとほぼ同時にアサリのワイン蒸しも提供されました。

ちなみに、このアサリのワイン蒸し(ムール貝とアサリのワイン蒸し)は、すごくおいしいと息子絶賛で、オカワリしたいと言ってました。

 

ココスを出たのはすでに8時を過ぎていて、いつも8時半に布団に入る息子にとっては、いつもより夜更かしとなってしまいました。

 

つい先日、ローソンでも店員さんの行動にも???????ってなったばかりなので、こういうのって続くときは続くのかな…とちょっと残念な気持ちです。

 

ちなみに、ローソンでの出来事はこの後別記事で書きますので良ければ見てやってくださいね。

進研ゼミ チャレンジ9月号 3日目

我が家ではウーパールーパーを飼っています。

実は先週くらいまで瀕死の状態で、もうダメかと覚悟を決めていましたが、ある日突然に顔色が良くなり、今ではすっかり元気になりました。

この話を職場のランチタイムでしたら、ウーパールーパーい顔色ってあるぅ?と笑われてしまいましたが、顔色が良くなったというか、表情が晴れ晴れしたというか、本当にあるんです!

f:id:yutan1ban:20190830100442j:plain

原因はよくわかりませんでしたが、ウーパールーパーは高温に弱いらしいので、夏の暑さが原因なのか、または、少し前に餌を変えたのが良くなかったのかのどちらかだと思います。今回のことでウーパールーパーについて色々と勉強して飼育の少し知識が増えました。

 

さてさて、チャレンジ9月号 3日目の内容についてレポートします。

 

チャレンジ9月号 国語

3日目の内容は、昨日に引き続き「詩」でした。

f:id:yutan1ban:20190830103004j:plain

「空に ぐうんと 手を のばせ」という詩です。息子の教科書でも、昨日の詩「いろんな おとの あめ」の次のページに掲載されていました。 www.yutan1ban-gakushu.work

 

実は、この「空に ぐうんと 手を のばせ」はもう習ったとばかり思いこんでいました。

というのは、1年生の時から、毎日、教科書の中から何かを音読する宿題があるのですが、2年生の4月からすでに何度も何度もこの「空に ぐうんと 手を のばせ」の音読を聞かされてたからです。f:id:yutan1ban:20190830113612j:plain

 こちらが毎日記入する音読カードなのですが、今月だけでもすでに「空に ぐうんと 手を のばせ」が5回登場しています。なので、私にとってはすごーく今さら感があるのです。

 

チャレンジ9月号 算数

算数はまたまたひっ算で、「ひっ算のれんしゅうをしよう!」という内容でした。チャレンジ9月号では、とりあえずひっ算の練習は今回で最後で、明日からは違う内容となるようです。

f:id:yutan1ban:20190830114828j:plain

3つの数字を足す計算が出ていますね。しかも、今までは1繰り上げるばかりだったのが、2繰り上がってます。

 

とはいえ、チャレンジ9月号をやり始めてまだ3日目とはいえ、1学期に学習していた内容に比べ、簡単になっているように思います。

夏休みを終えて勉強モードに戻すためのジャブ的な感じなのでしょうね。

 

息子は、進研ゼミをやることや、学校の勉強や宿題に関してのモチベーションは夏休み前と変わっている感はないですが、休み中に毎朝ゆっくりしていた癖が未だ抜けず、早起きをしているくせにギリギリまで遊んでばかりいます。

今朝も、ゆっくりご飯を食べ、デザートもたっぷり食べて、その後、汗をかくほど一人でビーチボールを使って寝室でサッカーをしていました。

進研ゼミ チャレンジ2年生9月号 2日目

学校から帰宅後、ランドナップをあけるとメモが入っていました。

f:id:yutan1ban:20190829104454j:plain

「ヤクルトのそら??何これ??」と聞くと、息子が「ヤクルトのから!!」

あ、なるほどね。言われてみれば「空っぽ」の「空」とも読みますよね。でも、「空のヤクルト」ならわかるけど、この場合って「殻?」「空?」??なんかどっちも違う気がするけど・・・。

図工の時間に工作で使うそうで、家にあれば持ってくるように言われたそうです。たまたま昨日、ヤクルトもどきを買っていたので、さっそく持たせてやることができました。

 

さてさて、今回は、チャレンジ9月号の2日目について書いていきます。

チャレンジ9月号の2日目 国語  

f:id:yutan1ban:20190829110351j:plain

 2日目の国語は「詩をよもう」ということで、音の違いに気をつけて詩を読もう という内容でした。

「いろんな おとの あめ」という詩で、まずは息子が音読をしたのですが、初見とは思えない上手さで読みます。

「ママ、この詩知ってる?」

「知らないよ、知ってるの?」

「今日学校でやった」

ということで、感情をこめてとても上手に読むことができた息子でした。

写真の上がチャレンジ9月号2日目、下が教科書です。

 

続いて息子が「この詩のすごいとこはどこでしょう?」と聞いてきました。

「えーー、色々な音が表現されているところかな?」

「ぶーーーーーっ!違います!わからんの?おしえてあげよっか?」

「うん、教えて」

「全部の音が、ん で終わってるところだよ」と、得意げに教えてくれました。

こういうのを「押韻」というのでしたっけ?「脚韻」でしたっけ?

 

ということで、習ったばかりのタイムリーな内容をチャレンジで学習できました。

 

チャレンジ9月号の2日目 算数 

算数のチャレンジ2日目は、1日目に引き続きひっ算の問題を学習しました。

f:id:yutan1ban:20190829115231j:plain

2回くり上がりがあるたし算のひっ算でした。繰り上がりが1回でも2回でも3回でも4回でも大差ないのですよね。

適当に数字を書いたひっ算をよくしているので、簡単に解くことができました。

f:id:yutan1ban:20190829120933j:plain

 

 

そうそう、同じ職場の他のフロアに、クラスは違いますが同じ小学校の同級生のお母さんがいることがわかりました。子ども通しは良く知っているそうです。

先日話をしたら、進研ゼミのチャレンジタッチ(タブレット学習)をしているとのことで興味津々です。

我が家は悩んだ末に、昔ながらの紙で学習する方式を選んだので、機会があったらもっと詳しく聞いてみたいと思いますが、少し話を聞いた限りでは、もうほとんど進研ゼミで勉強をしていないらしく、全く役に立ってないと言っていました。

進研ゼミの方の話では、3年生くらいからチャレンジタッチの利用者が増えると言っていたので、そのうち我が家も再検討してみようかな~と思います。

青少年読書感想文全国コンクール 応募用紙について

夏休みに書いた読書感想文と一緒に、青少年読書感想文全国コンクールの応募票を持ち帰りました。保護者が記入してしてくださいとのことです。

f:id:yutan1ban:20190829094908j:plain

学校名、学校所在地、担当の先生はあらかじめ記入(記入したもののコピー)されていていました。

対象図書(読んだ本)の欄が、結構めんどくさいです。課題図書なのだから、もうちょっと簡素化してくれてもいいのに、本の定価の欄は税込み額、税抜き額を書かされ、本の縦の長さまで書かされます。わざわざ物差しで計りましたが、これって必要なのでしょうか??

また、ページ数を書く欄があり、「もぐらはすごい」の本には最後までページ数が表示されておらず、数えようかとも思ったのですが、どこまでがページとしてカウントされるのかわからなかったのでネットで調べてみたら出てきました。ちなみに本の縦の長さも書いてありました。

 

また、感想文の執筆に際し参考にした資料の有無 という項目があり、どこまでが参考としたにあたるのか微妙なのですが、「参考にしたもののタイトルやWEBのアドレスを具体的に記入してください」とあったので、一応、見たホームページのURLを記載しておきました。

「もぐらはすごい」の話の中で、もぐらのウンチからキノコが生えるのですが、そのキノコを画像検索したのと、そのキノコが食べれると書いてあったので、クックパットでレシピを見てみただけなんですけどね。

 

 

そういえば、最近、これがTwitterで話題ですね。

 

あと、青少年読書感想文全国コンクール総理大臣賞を受賞した過去作もTwitterで見つけました。

息子を含め、私の知っている小学校低学年の子どもたちを見ていると、にわかには信じられません。内容もすごいけど、文章力が半端ないです。